Books

映画「翔んで埼玉」公式ガイドブック

Mineo Maya

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784800291271
ISBN 10 : 4800291275
Format
Books
Publisher
Release Date
February/2019
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

2015年に宝島社から復刊され、66万部の大ヒットとなった名作にして大迷作(?)の魔夜峰央の『翔んで埼玉』。
2019年2月22日に二階堂ふみ・GACKTのW主演での映画化を記念して、「映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック」がついに発売です!

【目次】
映画『翔んで埼玉』
キャストPhoto Album

キャラクター相関図

映画『翔んで埼玉』Story Board

映画『翔んで埼玉』総力インタビューPart1
二階堂ふみ×GACKT
メイキング of 映画『翔んで埼玉』 制作日記

人物デザイン監修/衣裳デザイン
柘植伊佐夫氏インタビュー

映画『翔んで埼玉』総力インタビューPart2
魔夜峰央×二階堂ふみ×GACKT

撮り下ろしグラビア
百美’s 妄想 Theater

映画『翔んで埼玉』 出演キャストコメント

映画『翔んで埼玉』総力インタビューPart3
武内英樹×魔夜峰央

映画『翔んで埼玉』を100倍楽しむ基礎知識

基礎知識(1)
詳細キャラクター大図鑑!

基礎知識(2)
関東圏の勢力図がまるわかり! 関東データ比較

スペシャル・コラム
マンガ『翔んで埼玉』の麗しき世界♡

基礎知識(3)
トンデモ埼玉の基礎知識事典

基礎知識(4)
映画『翔んで埼玉』名(迷)言集!

基礎知識(5)
小道具&セット博覧会

映画『翔んで埼玉』Music Navi

映画『翔んで埼玉』美麗ポスターコレクション

超貴重! マンガ『翔んで埼玉』原画公開!

僕たちの好きな魔夜峰央

埼玉とミーちゃん

魔夜峰央代表作 超レビュー

キャスト・スタッフ クレジット


《魔夜 峰央(まや みねお) プロフィール》
1953年、新潟県出身。横浜在住。1973年「デラックスマーガレット」(集英社)でデビュー。1978年、「花とゆめ」(白泉社)にて代表作『パタリロ!』の連載を開始。『パタリロ西遊記!』などのスピンオフ作品を生む大ヒット作となる。1982年、フジテレビ系列で『パタリロ!』がアニメーション化。2015年に『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』(宝島社)が復刊され、大ヒットとなる。現在、「別冊花とゆめ」「MELODY」(ともに白泉社)にて『パタリロ!』を連載中。また、「まんがライフ」(竹書房)では年に1回、『眠らないイヴ』を掲載している。

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • BUBI

    買って満足してしまって中をあまり読んでませんでした(苦笑)改めて読むと映画の楽しさを思い出します。「翔んで埼玉2」をぜひ作ってほしい。でも1がとても面白くてハードル上げちゃったから厳しいか。「宇宙戦艦ヤマト」みたいに麗と百美が生き別れになりつつそれぞれに活躍して、最後に再会を果たして大ハッピーエンドとかどうだろう。オープニングは埼玉が群馬と栃木と千葉と東京に分割併合されて日本地図から消えたシーンからスタート。埼玉奪還計画を、麗と百美がそれぞれの立場で互いを強く思いながらがんばるとか…あーワクワクする(笑)

  • 高宮朱雀

    架空の設定とは言え、東京都と一部を除いた他の関東圏をここまでディスるか!?というくらい貶めてあって、この突き抜けた感じに却って爽快感さえ覚えた。いやぁ〜、ここまでお腹が捩れたのは久し振りでした。 それにMALICE MIZER以来、あんな派手な衣装のGACKTを見て、懐かしく思いました。 レンタルでも映画を観て見ようと思います。

  • 参謀

    東京ではそろそろ終了ということで、映画も観てきました。評判通りの面白さでした。Gacktははまり役でしたね。京さまとの関係がかなりそれっぽかったですwでも埼玉を卑下し過ぎているので、嫌悪感を持つ人もいるかと思うので、そういった人は見ない方がいいかと思います。この公開を許した埼玉県を褒めてあげましょう。それならもっとコラボして、埼玉県のイメージアップに利用すればいいのにと思ったりしました。

  • Hisatomi Maria Gratia Yuki

    初掲載時にヒィヒィ笑いながら読んだ漫画が映画に! 漫画やアニメ好きの仲間と誘い合わせて観に行くのもあり、魔夜峰央先生のインタビューも載っているのもありで買ってしまいました。映画だと「あ、もっとそこが見たい!」と思っても流れてしまう衣装が、写真でじっくり見られるのもうれしい。

  • shushu

    映画を見たので、読んでみた。映画の方が面白いです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items

HMV&BOOKS online Recommend