Books

Dub論

Michael E. Veal

User Review :4.0
(1)

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784861138546
ISBN 10 : 486113854X
Format
Books
Publisher
Release Date
September/2010
Japan

Product Description

世界初のダブ専門書。
ウェズリアン大学教授で音楽民俗学の修士・博士Micheal E. Veal氏による洋書『DUB』(論文)を日本語翻訳致しました。これまで、ジャマイカ視点で語られる事の多かった「DUB」を多角的に捉えたレゲエ・ファン以外にもオススメです。

Content Description

『ダブとは何なのか?』民俗音楽学からアプローチした世界で唯一のダブ専門書。ダブとダブエンジニアの関係、アルバム・ジャケットが示す宇宙とオービア、リバーブとディレイの意味、国境を越えてからのダブの変化、等、ジャマイカで生まれ、世界中で生き続けるダブの謎を紐解く。

目次 : 第1章 ジャマイカの電子音楽ジャマイカ音楽の連続体におけるダブ/ 第2章 「失敗もスタイルの内」1970年代のダブの進化/ 第3章 スタジオ・ワンの大黒柱/ 第4章 「頭の中で、火山が噴火するみたいだ!」/ 第5章 “生きたアフリカの鼓動”をたどる/ 第6章 「ジャヴァ」から「アフリカ」/ 第7章 「シティー・トゥー・ホット」ルーツの終焉と、デジタル期におけるダブの重要性/ 第8章 スターシップ・アフリカ ディアスポラの音の響きと元植民地/ 最終章 エレクトロニカ、リミックス文化、そして世界のポピュラー音楽を変えるジャマイカ/ エンジニア別推薦盤リスト

【著者紹介】
マイケル・E・ヴィール : ウェズリアン大学で音楽民俗学の修士・博士号を取得。イェール大学音楽学部副教授

森本幸代 : 著述家・翻訳家。ジャマイカ関連書専門のオンライン書店MIGHTY MULES’ BOOKSTORE店主。レゲエ雑誌『Rove』での原稿執筆や、CDの対訳、ジャマイカ関連映像作品の字幕翻訳も手掛けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ダブを様々な角度から研究した、まさに「論...

投稿日:2013/08/26 (月)

ダブを様々な角度から研究した、まさに「論」な一冊。 ダブ入門者にはハードルが高すぎるので、まずは様々な音源を聴いて、その音や関係者の人名などをある程度知ってから読むのがオススメ。

みちくさ さん | 東京都 | 不明

1

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • カネコ

  • mrbeats197912

    ダブの様式的な特徴とか、正直自分にはあまり興味がなかった(でも超オモロい)けど、民俗学的なアプローチが脳を刺激する。●ダブのようなテクノロジーに頼る音楽形態が、ジャマイカで発展した理由の1つには、アメリカ合衆国との関係があった。何千人ものジャマイカ人が季節契約労働者としてアメリカ南部に行く伝統があり、彼らがアメリカのレコードや機材を持ち帰っていた。●音楽機材が発達したのは冷戦時代の北米。そのため、距離的には近くても、経済的にほとんど断絶状態のキューバではダブのような音楽形態が出現することはなかった。

  • ULTRA LUCKY SEVEN

    結構アカデミック!でも面白い。論文書きが終わったらあとはミキサー台の前へ。理屈より手を動かせ。キングタビーが教えてくれたこと。

  • ビーフハート

    気軽に読める本で無かったすw。お手軽にダヴについて読めれば、くらいだと読了は厳しいでしょうw。内容は素晴らしかったす。いままでしっかりと考察されてこなかったDUBの深い部分をじっくり丁寧に論じています。

  • jyocho_hiseisan

    深いようで大体理解していることばかりで安心した、dub最高

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items