SACD Import

Symphony No.7 : Jansons / Bavarian Radio Symphony Orchestra

Mahler (1860-1911)

User Review :4.0
(8)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
403571900101
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
SACD
Other
:
Hybrid Disc,Import

Product Description

Gustav Mahler: Symphonie Nr. 7 e-Moll

Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks
Mariss Jansons, conductor

Live Recording at The Philharmonie, Gasteig, 03/2007
SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

Track List   

  • 01. Symphony No. 7 In E Minor - 1. Langsam - Allegro Con Fuoco
  • 02. Symphony No. 7 In E Minor - 2. Nachtmusik: Allegro Moderato
  • 03. Symphony No. 7 In E Minor - 3. Scherzo: Schattenhaft
  • 04. Symphony No. 7 In E Minor - 4. Nachtmusik: Andante Amoroso
  • 05. Symphony No. 7 In E Minor - 5. Rondo - Finale

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ウーン演奏自体は単なるクラシック音楽ファ...

投稿日:2011/04/22 (金)

ウーン演奏自体は単なるクラシック音楽ファンとしては何とも言えません。しかし残念ながらオーディオ的には不満です、深みが無いのか近すぎるのかスピーカーが踊りません。マーラー特に7番は癖があるので…ちと物足りません。

翔鶴 さん | 山口県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
意外に微妙な評が並んでいますね。それも仕...

投稿日:2010/07/04 (日)

意外に微妙な評が並んでいますね。それも仕方がないかな、というのが聴後感であります。けっこうパンパンめりはりの付いたオーケストラ表現にて、この難曲をすいっと聞かせてしまいます。それ故に、いささか陰翳に乏しく、軽さが目立ってしまったかな、という感じです。但し、個人的にはこういう調子は嫌いではないので、私は、まあ音響構成品としては評価しますね。曲の美しさをじっくり表現した演奏としては、ハイティンク/RCOの再録音が録音もベストで実にすばらしいですよ。また、テンシュテットのスタジオ録音もすばらしい。一種の陶酔感が感じられると、とたんに魅力的になる曲です。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
ヤンソンスの指揮は敬服に値します。作品全...

投稿日:2010/02/26 (金)

ヤンソンスの指揮は敬服に値します。作品全体を俯瞰し、奇抜とさえ言えるこの作品の性格をじつに見事に描ききっていると言えるでしょう。リズムの切れも良く、いわば「軽いノリ」が心地よい。ただ、オーケストラには感心しません。とりわけ金管楽器群はロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団に較べ、聴いていて耳障りなほど粗く聴き劣りします。今日のオーケストラの技術水準からすると、B級と言っても差し支えないでしょう。また、オーケストラのサウンドがモノトーンなため華がなく、メリハリをつけた楽曲設計が効果的に活かされないまま曲が終わるというのも気になります。そのためか、一体に単調な感は否めません。指揮者が卓抜した慧眼の持ち主であっても、それを具現化できないオーケストラでは如何ともしがたい、その好例でありましょう。

I amSterdam さん | 東京都 | 不明

1

Symphonies Items Information

Recommend Items