CD Import

Symphonies Nos.1, 2, 3, 6, 7, 8, 9, 10(Adagio), Kindertotenlieder : Hermann Scherchen / RPO, Vienna State Opera O, Lipzig RSO, etc (10CD)

Mahler (1860-1911)

User Review :3.0
(1)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
600452
Number of Discs
:
10
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

マーラー:交響曲集(10CD)
ヘルマン・シェルヘン&ウィーン国立歌劇場管弦楽団、ライプツィヒ放送交響楽団、他


【収録情報】
Disc1-2

● マーラー:交響曲第1番「巨人」
 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
 1954年録音

● マーラー:交響曲第2番「復活」
 ミミ・コアース(ソプラノ)
 ルクレティア・ウェスト(メゾ・ソプラノ)
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団
 1958年録音

Disc3-4
● マーラー:さすらう若者の歌
 ルクレティア・ウェスト(メゾ・ソプラノ)
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団
 1958年録音

● マーラー:交響曲第3番
 ソナ・チェルヴェナ(アルト)
 ライプツィヒ放送女声合唱団
 ライプツィヒ放送交響楽団
 1960年ライヴ録音

● マーラー:亡き子をしのぶ歌
 ルクレティア・ウェスト(メゾ・ソプラノ)
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団
 1958年録音

Disc5
● マーラー:交響曲第5番
 ウィーン国立歌劇場管弦楽団
 1953年録音

Disc6
● マーラー:交響曲第6番「悲劇的」
 ライプツィヒ放送交響楽団
 1960年ライヴ録音

Disc7
● マーラー:交響曲第7番「夜の歌」
 ウィーン交響楽団
 1950年ライヴ録音

Disc8-9
● 交響曲第10番よりアダージョ
 ウィーン交響楽団
 1960年ライヴ録音

● 交響曲第8番「千人の交響曲」
 エルザ・マリア・ナシス(ソプラノ)
 ダニザ・イリッチュ(ソプラノ)
 ロゼッテ・アンダイ(アルト)
 ゲオルギーネ・ミリンコヴィチ(アルト)
 エーリヒ・マイクート(テノール)
 オットー・ヴィーナー(バリトン)
 ゲオルグ・オーグル(バス)
 ウィーン・ジングアカデミー
 ウィーン室内合唱団
 ウィーン少年合唱団
 ウィーン交響楽団
 1951年ライヴ録音

Disc10
● 交響曲第9番
 ウィーン交響楽団
 1951年ライヴ録音

 ヘルマン・シェルヘン(指揮)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
マーラーが不動の地位を築いた現代から見て...

投稿日:2018/02/14 (水)

マーラーが不動の地位を築いた現代から見て、シェルヘンは1950年代マーラー啓蒙時代のパイオニア的なひとりであり、その点を考慮するなら、演奏技術が低いとか録音が悪いというのは不遜極まりない。そもそも素人がプロの楽団をヘタ呼ばわりするのが間違いであり、私自身もそれを肝に銘じているのだが。 すべてモノラル録音らしいが、ステレオ的に聞こえるほどまともな録音が多いのは意外であり、あくまで当時の記録としての価値を見い出すべき全集だろう(4番がないが)。  まず目についたのは、2番が93分43秒とバーンスタインの87年版を超え最長、6番が53分49秒(ウソ!)と最短、共に私蔵448組の中での新記録。 6番はスケルツォだけが人並みで、アンダンテは6分27秒と通常の半分以下の「全力疾走」、まるで「素人のマーチングバンド!(失礼)」。35年以上マーラーを聴いてきて、こんなことは初めての経験で、ある意味「珍品」。 1番のみロイヤル・フィルで、これはなかなかいい。 2番:当時ウィーン国立歌劇場管弦楽団(OWS)は戦後の復興期だろうから贅沢は言えないが、ゆったりしたテンポがアラを隠せない。アルトのウエストは歌曲「さすらう若人の歌」「なき子を偲ぶ歌」でも登場するが、今ひとつ魅力がない。 3番:ライブならではの雑音が耳障りで、録音も時代を感じるが、悪くはない。  6番と同じライプチヒ放響も復興期の影響か、出だしの未熟さは否めないし、6番での暴れっぷりは指揮者の疾走(失走?)のせい。 5番:OWSで出だしが危なっかしいのは2番と同じ理由か。 7番:ウィーン交響楽団(WS)もやはり時代の影響があるが、内容は悪くない。 8番:同じWSでもこちらは歌手陣が健闘して、当時のライブとしては立派な演奏と録音。 9番:これも出だしは危なっかしいが、だんだん落ち着いて良くなってくる。 最近当たりの全集としてはギーレン、マゼール、シュテンツと続き、時折聞き直しては新しい発見があり、楽しめるが、これは残念ながらその範疇にはない「記録もの」だがコスパはよいといえる。

masashing さん | 大阪府 | 不明

3

Symphonies Items Information

  • (LP) Bernstein & NYP's SYM.7 of Shostakovich Memorial year of cond. Leonard Bernstein! 100th anniversary!! Vinyl Passion release SYM.7 of Shostakovich. 2LP. HMV&BOOKS online|2018/06/12
  • Furtwangler / Bayreuth 1951 German Edition. In 1951 Wilhelm Furtwangler twice demonstrated his inspired approach to Beethoven’s Ninth Symphony within... HMV&BOOKS online|2008/02/01

Recommend Items