CD

ABBOT KINNEY

LOVE PSYCHEDELICO

User Review :4.0
(4)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
VICL63480
Number of Discs
:
1
Format
:
CD

Product Description

2010年にデビュー10周年となるLOVE PSYCHEDELICOの5thアルバム。前作『GOLDEN GRAPEFRUIT』からは実に2年半ぶりの作品という事になる。アルバムタイトル『ABBOT KINNEY』というのは、doorsゆかりの地としても有名なロスアンゼルス、ヴェニスビーチの外れ、アーティストのゆるやかなコミュニティーが形成されている実在のストリート名からとられたという。このタイトルが象徴するように、気負いや押し付けがましさなど感じさせない、自由でリラックスした温かいアルバムだ。この感触は聴き手をどこまでも開放的にさせてくれる。デビュー10周年をそんな、素のままで迎えたLOVE PSYCHEDELICO。まずはそのサウンドを聴いてもらいたい。

Track List   

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
器用で要領よくまとまっています。ただ黙っ...

投稿日:2010/04/13 (火)

器用で要領よくまとまっています。ただ黙っておればいいんでしょうがどうも一言言いたくもなるオールドリスナー。こういうセロテープでつないだアルバムとサウンドよりいいのが他に。

レオブルー さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
変わらずにGOOD MUSICを届け続けてくれるLO...

投稿日:2010/02/01 (月)

変わらずにGOOD MUSICを届け続けてくれるLOVE PSYCHEDELICOの5作目。前作から全米デビュー盤を挟んで2年ぶりのリリース。Melodyのすばらしさは相変わらず、リリックも相変わら良い。前作と比べると地味な感じで聞き流してしまうかもしれないが、2回、3回と聴くとその良さにハッとさせられる。お気に入りは、本人たちのスタジオがある実在のストリートを歌ったリード曲@、カントリーを取り入れたA、別れの悲しみを歌いあげるブルースE、Stevie Wonderのオマージュ?F、個人的に一番のお気に入りIかな。ちなみに歌詞が掲載されていないKは1970年代のヒット曲、Creedence Clearwater Revivalのカバー。反戦歌として放送禁止になったこの曲を歌ったことに敬意を払いたい。

amazing grace さん | 佐賀県 | 不明

0
★
★
★
★
★
当初映画挿入歌を先行で聴いた時にはカント...

投稿日:2010/01/12 (火)

当初映画挿入歌を先行で聴いた時にはカントリーやルーツと言われて期待していた感じではなくて少々不安もあったのですがアルバムの全体を通して聴くと全くその不安が吹き飛びました。先行曲もアルバムを通すと良いのですが個人的にはダークでハードな5曲目からラストまでの流れが特に好きです。シリアスでシンプルだけれど深みのある6曲目「I’m done」は特に個人的に好みだしKUMIさんの声が良い。それ以降の流れも本当に気持ち良い。聴き込むのも良し、BGMにもするのも良し。音楽マニアはもちろん、音楽に詳しくない人でも聴きやすく、聴き手を差別しないのがLOVE PSYCHEDELICOの凄い所です。流石。私自身、カントリーやルーツロックが好きなのでこれから愛聴盤になりそうです。

toft さん | 兵庫県 | 不明

2

Recommend Items

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト