CD

"Concierto De Aranjuez, Para Una Fiesta: Kaori Muraji (G)V.p.perez / Galicia"

Kaori Muraji

User Review :3.5

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
UCCD9444
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD
Other
:
Limited, Digipack

Product Description

Joaquin Rodrigo: Viva! Rodrigo
Limited Edition (DigiPak)

Concierto de Aranjuez
Sones en la Giralda - Fantasia sevillana
Concierto para una fiesta

Kaori Muraji, guitar
Orquesta Sinfonica de Galicia
Victor Pablo Perez, conductor

Digital Recording: La Coruna, Spain, 16-20/07/2007

Kaori Muraji, a star in her native Japan, performs some of the world’s best-loved guitar music by Rodrigo in this new recording. Muraji formed a close friendship with the composer, who predicted she would become 'THE twenty-first-century interpreter' of his music.

Their mutual admiration enabled Muraji to deepen the special affinity she felt towards Rodrigo’s music. She plays Rodrigo’s most famous concerto and one of the most popular classical works, Concierto de Aranjuez, as well as his final concerto, the sparkling Concierto para una fiesta, regarded as one of the most difficult works in the repertoire. This disc also includes the beautiful work Sones en la Giralda, originally written for the harp. This piece is a virtuosic musical fantasy and celebration of the city of Seville’s exquisite bell tower.

Track List   

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
人気のあるアランフェスだが、僕にとっては...

投稿日:2012/12/18 (火)

人気のあるアランフェスだが、僕にとってはただ甘ったるいだけの曲に思えていた。村治佳織の同CDは、ことのほかシャープな印象を受け、目から鱗の一枚だ。

ヒューブーン さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
アランフェスにここまで感動を受けたのは初...

投稿日:2009/10/10 (土)

アランフェスにここまで感動を受けたのは初めてです☆今まではジョンウィリアムスが最高峰と思ってましたけど…ひけを取らないと思いますよ。確かに日本人特有のスペインの感じ方もありますが、彼女は充分にロドリーゴの魂を感じているように思います。ウィリアムスだって酷い「さくら」弾いてるわけだし、母国の人間からはどう聞こえるかわかりませんけど、日本人として顕著に作品を感じ取った演奏だと思います。

MISA さん | 愛知県 | 不明

0
★
☆
☆
☆
☆
村治のギターは巧いのは定説で、確かにこの...

投稿日:2008/07/17 (木)

村治のギターは巧いのは定説で、確かにこのアルバムでも巧いし安心して聞いていられる演奏だ。だが、西洋人が弾く上手な津軽三味線というか、最後の最後にネーションの違いがバリヤーとなっている気もするのである。ステージ中央にぽっかりと球形の透明空間が出現し、その内部はエコーもノイズも何もない無響室のような空間なのだが、その真ん中で村治がギターを弾いている。弱々しいギターが放つ仄暗い音色と、色彩感の強いオケの音色が球形空間の境界面内外で溶け合っていない。

MusicArena さん | 神奈川県横浜市 | 不明

0

Recommend Items