CD Import

Music for koto over the centuries from Traditionals to Toshio Hosokawa

Hosokawa, Toshio (1955-)

User Review :4.0
(1)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
WWE20057
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD

Product Description

Music for koto over the centuries
from the forefather of Japanese music Yatsuhashi kengyo (1614-1685) to its great-grandson Toshio Hosokawa (*1955).

Yoshizawa kengyo (1808-1872)
Chidori no kyoku for voice and koto [11:44]

Yatsuhashi kengyo (1614-1685)
2 Hachidan no shirabe for koto solo [10:46]

Yamada kengyo (1757-1817)
3 Nasuno for voice, two koto and shamisen [17:52]

Toshio Hosokawa (*1955)
Nocturne (1982) for jushichigen [12:37]
Banka (1989) for voice and jushichigen [09:26]
Koto-uta (1999) for voice and koto [10:20]
(World Premiere Recording)

Recorded Live May 30 1999, Hannover

Sumi Tani, voice and koto
Makiko Goto, koto, jushichigen
Hideko Yamagishi, koto
Michiyo Kusama, shamisen

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 1999年、ハノーファー現代音楽祭における...

投稿日:2019/06/01 (土)

 1999年、ハノーファー現代音楽祭におけるライヴ収録とのこと。細川俊夫の作品も作曲されたのがたまたま現代というだけで、伝統楽器のために作られ、演奏されると「ゲンダイオンガク」に聴こえないのが面白い。ほかの収録曲も新鮮で、現代音楽祭の聴衆にも「フレッシュな音楽」として聴こえるのだろう。     日本では絶滅危惧種的なローカルな音楽になっており、かく言う私も進んで聴きに行くとは言えない。これらの曲もこのようにして聴くと、なるほど実に面白い。三味線でも琴などの伝統楽器による音の粒立ち、強靭さにも感心させられる。    現在の日本でほとんど聴かれない音楽、使われない楽器と唄を聴くために海外の現代音楽祭に行かないと耳にできないというのは日本人として少し考えさせられる。「新しい」「古い」というカテゴリーで区切り、「古い」から聴かない・目を向けない考え方に反省を促す教材でもある気がする。たとえ作られた時期が古くても、それは「作品が古い」と同義にはならない。当盤の演奏後、聴衆が送った拍手がそれを物語っている。  個人的な意見だが、今のニホンで「最新のミュージックシーン」として湯水のごとく流されていく音楽よりも音楽が締まっており、メッセージは強いとさえ思う。

うーつん さん | 東京都 | 不明

0

Recommend Items