CD Import

Harpsichord Works Vol.1: S.yates(Cemb)

Handel (1685-1759)

User Review :4.0
(4)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
CHAN0644
Number of Discs
:
1
Format
:
CD

Product Description

Includes suite(s) for hpsch by George Frideric Handel. Soloist: Sophie Yates.

Track List   

  • 01. Suite for Harpsichord in B flat major, HWV 434
  • 02. Suite for Harpsichord in B flat major, HWV 434
  • 03. Suite for Harpsichord in B flat major, HWV 434
  • 04. Suite for Harpsichord in B flat major, HWV 434
  • 05. Chaconne and Variations (21) for Harpsichord in G major, HWV 435
  • 06. Suite for Harpsichord in D minor, HWV 436
  • 07. Suite for Harpsichord in D minor, HWV 436
  • 08. Suite for Harpsichord in D minor, HWV 436
  • 09. Suite for Harpsichord in D minor, HWV 436
  • 10. Suite for Harpsichord in D minor, HWV 436
  • 11. Suite for Harpsichord in D minor, HWV 437
  • 12. Suite for Harpsichord in D minor, HWV 437
  • 13. Suite for Harpsichord in D minor, HWV 437
  • 14. Suite for Harpsichord in D minor, HWV 437
  • 15. Suite for Harpsichord in E minor, HWV 438
  • 16. Suite for Harpsichord in E minor, HWV 438
  • 17. Suite for Harpsichord in E minor, HWV 438
  • 18. Suite for Harpsichord in G minor, HWV 439
  • 19. Suite for Harpsichord in G minor, HWV 439
  • 20. Suite for Harpsichord in G minor, HWV 439

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
このヘンデル・ハープシコードワークVOL1...

投稿日:2013/04/19 (金)

このヘンデル・ハープシコードワークVOL1に収められている作品は、・クラヴィーア組曲第2巻第1番変ロ長調(第9番)HMV434、・クラヴィーア組曲第2巻第2番(シャコンヌト長調)HMV435、 ・クラヴィーア組曲第2巻第3番ニ短調(第10番)HMV436、・クラヴィーア組曲第2巻第4番ニ短調(第11番)HMV437*「サラバンド」で有名です。 ・クラヴィーア組曲第2巻第5番ホ短調(第12番)HMV438*「調子のよい鍛治屋」は第1巻第5番で、この作品ではないです。 ・クラヴィーア組曲第2巻第6番ト短調(第13番)HMV439。どういう訳か、VOL1と銘打ちながら第2巻からはじまっているので注意が必要です。この続きの第2巻第7番以降はVOL3のセット2からです(おかしな構成ですので注意)。誰も言及してないので書いておきます。

arabandaluz さん | 山梨県 | 不明

4
★
★
★
★
★
以前よりT〜V集通して愛聴している。よく...

投稿日:2011/09/13 (火)

以前よりT〜V集通して愛聴している。よく聴く理由、それは聴いていて大変心地良い、という至って単純明快な答しか思い浮かばない。小生演奏に関する理論や奏法などには全くズブの素人ではあるが、軽快で優雅な温かい響きを耳にすると宮廷音楽に寄せる当時の人々の趣向が伝わって来るようで、そうした肩肘張らないリラックスした楽しみ方も有るのでは…とは思う。シリーズを通して同一スタッフが収録を担当しているが、柔らかく温かい響きだけではなく力強さもしっかり捉えた秀逸盤である。無論楽器自体の音色によるところが大きいとは思うが、それにしても神経を逆撫でするような刺激的な音は一切無い。20bit録音の恩恵も有ろうが、ここはやはりエンジニアの感性に拍手を送りたい、最新盤ですらヒリついて聴くに堪えないCDの多さを鑑みればまことにアッパレである。諸兄におかれても雅でゆったりとした宮廷サロン気分を満喫できれば宜しいかと…。

盤鬼hmv11 さん | 福岡県 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
テクニックは言うまでもなく、演奏も素晴ら...

投稿日:2010/08/07 (土)

テクニックは言うまでもなく、演奏も素晴らしいのだが、それはあくまでもピアノで考えた場合。チェンバロ演奏ではアーティキュレイションが重要になる。イェーツほどの名手が何故なのかはわからぬが、チェンバロのアーティキュレイションができていない。非常に残念だ。

古楽器奏者 さん | 東京都 | 不明

0

Recommend Items