CD

Becs

Fennesz

User Review :5.0
(2)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
PCD25166
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD
Other
:
1BonusTrack

Product Description

2014 Japanese pressing seventh studio album from the Austrian experimental guitarist Christian Fennesz. P-Vine.

Track List   

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Christian Fenneszは、1962年オーストリア...

投稿日:2014/07/01 (火)

Christian Fenneszは、1962年オーストリア生まれのギタリスト。 ギタリストといっても、ロックのそれではなく、エレクトロニカというジャンルに属する音楽家です。 坂本龍一とは「Cendre(2007年)」、「flumina(2011年)」を共作していますし、「Yellow Magic Orchestra」のサポートメンバーとして、ギター、エレクトロニクス装置を操る、その長身を目にした方も多いと思います。 また、ECMレーベルのファンなら、Iain Ballamy、Thomas Stronenのバンド「Food」の「Quiet Inlet(2009年録音)」、「Mercurial Balm(2010〜11年録音)」に参加したことを覚えているのでは? ECM好きで知られるDavid Sylvianのアルバムに参加しているのも、こんな繋がりがあってこそだと思います。 さて、オリジナルアルバムとしては、「Black Sea(2008年)」以来となる「Bécs(2014年)」。 一聴して、従来の作品よりギター音が強調されている、と言いますか、全体のサウンドの中でギターが屹立しているように感じました。 それは、冒頭の「Static Kings」から顕著であり、深海からの泡立ちのようなアブストラクトな音群から、ギター音がクッキリと抜け出てきます。 荒涼としていながら、どこか懐かしい情景が広がってくるところは、いつもながらのFenneszサウンド。 そのギター音がノスタルジックに迫る3曲目「Liminality」も見事な音響世界の構築に成功しています。 また、広大なスケール感に満ちた5曲目「Bécs」は、SF映画のサントラのよう。 更に、アコースティック・ギターが鮮やかな7曲目「Paroles」には郷愁を誘われます。 ノイジーでありながら「美」を内包した楽曲群。 深海と宇宙を往復するサウンドに浸り、夢見心地になるのも良いのでは?

hiro さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
’14年発表。多幸感アンビエント・ノイズ・ギター作『エン...

投稿日:2014/05/11 (日)

’14年発表。多幸感アンビエント・ノイズ・ギター作『エンドレス・サマー』で注目され、坂本龍一や大友良英らと共演するオーストリアのエレクトロニカ・ギタリスト、6年ぶりのソロ作品は彼の故郷、ウィーンがテーマ。それだけにノスタルジックでエモーショナル。直情的にかき鳴らされるギターとそれに応えるドラムスが次第に電子ノイズを帯びていき、10分かけて壮大な音響伽藍が浮かび上がるBなど失禁必至の美しさ!

madman さん | 不明 | 不明

1

Recommend Items