CD Import

Cello Concerto / 1: Du Pre(Vc)celibidache / Swedish.rso, Barenboim / Philadelp

Dvorak / Saint-saens

User Review :4.5

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
8573.85340
Number of Discs
:
1
Format
:
CD

Product Description

One of the most original and dynamic concert artists of the later 20th century. recorded live in Stockholm in 1967 and in Philadelphia in 1971. This remarkable release is the first time that either du Pre performance has been available on a single compact disc, both were previously only available as part of multi-disc and/or limited edition sets.

Track List   

  • 01. Allegro Non Troppo
  • 02. Allegretto Con Moto
  • 03. Allegro Non Troppo
  • 04. Allegro... Quasi improvisando
  • 05. Adagio ma non troppo
  • 06. Finale, Allegro moderato

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
このCDが発売されたとき飛びついてかったが...

投稿日:2021/04/16 (金)

このCDが発売されたとき飛びついてかったが、演奏は期待外れもいいところであった。これなら、迷わずEMIを取るべきだ。私にはほとんど価値がないCD。

robin さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
ライヴのせいなのかどうかは分からないが、...

投稿日:2016/07/01 (金)

ライヴのせいなのかどうかは分からないが、デュプレのチェロは決して美しいものではなかったが、その分、気迫というか生々しさが鮮烈であった。こうした演奏は、一期一会としては強く思い出に残るであろうが、コレクションとして折に触れ聴き返すというのはいかがなものかと思った。どうしてもロストロポーヴィチに惹かれてしまう。もちろん好みの問題ですから、押し付ける気はありませんが、私にはそう感ぜられました。

遊人王月曜日 さん | 北海道 | 不明

2
★
★
★
★
★
リーフレットによると、サンサーンスの方は...

投稿日:2015/07/15 (水)

リーフレットによると、サンサーンスの方はデュプレの最後の定期的演奏会だったらしく、既に筋肉の変調に侵されていた彼女は、夫のバレンボイムから負担の少ない新しい楽器をプレゼントされ、ここではそれを弾いているのだという。けれどもCDの冒頭から、チェロは猛虎のように音楽に挑みかかる。すべてを弾き飛ばすかのように。四年前、新婚の時の、心身共に快調であった(はず)の時のドヴォルザークも同様。チェリに比べてバレンボイムが凡庸であるというような評があるが、それはさすがに気の毒だ。サンサーンスのオケは本当に伴奏以上ではないのだから。ドヴォルザークでのチェリは、例によって綿密なテクスチャーを構築して柔らかに始めるが、デュプレはそれを切り裂いてしまう。これは幸福な競演であったのかどうかは知らない。立ち会っていたバレンボイムはチェリに「帰依」するのだからそうなのだろう。けれども、正直言って、ここではそのチェリすら良く出来た「伴奏」の位置に追いやられているのではないか?いや恐るべし。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

1

Recommend Items