CD Import

Fernando Marin: J.s.bach & J.l.duport: Cello's Inside-the Sound Of Gut

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
C00380
Number of Discs
:
1
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description


ガット弦でチェロの内なる声を解放。スペインの異才マリンのバッハ&デュポール

カンタール・アラ・ヴィオラのメンバーとしてジャンルの枠組みを超えた意欲作「ヴィオラ・ダ・サンバ」が大きな反響を呼び、ソリストとしてもリラ・ダ・ガンバやビウエラ・ダルコ、リラ・ヴァイオルなど様々な古楽系撥弦楽器による演奏を続々と世に送り出したスペインのヴィオラ・ダ・ガンバ&チェロ奏者のフェルナンド・マリン。スペインのアリカンテで生まれ、巨匠ヴィーラント・クイケンに師事したマリンは「ガット弦の響き」を徹底的に追求するために、チェロ奏者にとってのバイブルである大バッハの無伴奏チェロ組曲(第2番&第3番)と、18世紀後半〜19世紀初頭のパリで活躍したジャン=ルイ・デュポール[1749-1819]の練習曲(3曲)を選曲。
 マリンは、弦楽器における古楽器の音の本質はガット弦の響きにあり、特にルネサンスやバロック時代の音楽ではガット弦の音が重要と考え、1800年頃にボヘミアで製作されたとされる作者不詳のバロック・チェロに天然のガット弦を張ってこの「チェロの内側〜ガット弦の響き」の録音に臨んでいます。
 ガット弦を通じて発せられるチェロの「内なる声」を、スペイン古楽界の異才がリアルに響かせます。(輸入元情報)

【収録情報】
● デュポール:練習曲 第6番
● J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番ハ短調 BWV.1009
● デュポール:練習曲 第10番
● デュポール:練習曲 第8番
● J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番ニ短調 BWV.1008
● ボンファ/マリン編:カーニバルの朝


 フェルナンド・マリン(バロック・チェロ)

 録音時期:2019年10月20-23日
 録音場所:スペイン、タラゴナ、エルミタ・パレド・デルガダ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Instrumental Music Items Information

Recommend Items