Vinyl Import

Comp.symphonies: Barbirolli / Vpo +overtures, Haydn Variations

Brahms (1833-1897)

User Review :4.5

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
9029561189
Number of Discs
:
4
Label
:
Format
:
Vinyl
Other
:
Limited,Import

Product Description

イギリスの名指揮者バルビローリのブラームスの名盤が、180gアナログLP盤で復刻です。バルビローリのディスコグラフィの中でも別格の輝きを放っているのが、1966年から翌67年にかけて収録され、ウィーン・フィルとの唯一の録音となったこのブラームスの交響曲全集です。ほとんどみなワン・テイクで録られたともいわれており、音楽の流れを阻害せず小細工なしの情感に身を任せた、耽美的なまでに情感あふれる演奏は、いまだに多くの音楽ファンの心をつかむ名盤です。この名盤が、180gアナログLP盤として、数量限定生産盤として復刻致します。

【収録内容】

ヨハネス・ブラームス
《SideA》交響曲第1番ハ短調Op.68:第1楽章、第2楽章、
《SideB》交響曲第1番ハ短調Op.68:第3楽章、第4楽章、
《SideC》交響曲第2番ニ長調Op.73:第1楽章、第2楽章、
《SideD》交響曲第2番ニ長調Op.73:第3楽章、第4楽章、悲劇的序曲 Op.81、
《SideE》交響曲第3番ヘ長調Op.90:第1楽章、第2楽章、第3楽章、
《SideF》交響曲第3番ヘ長調Op.90:第4楽章、ハイドンの主題による変奏曲Op.56a、
《SideG》交響曲第4番ホ短調Op.98:第1楽章、第2楽章、
《SideH》交響曲第4番ホ短調Op.98:第3楽章、第4楽章、大学祝典序曲Op.80、

【演奏】
ジョン・バルビローリ(指揮) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】1966年12月7-9日、1967年12月4-8, 14, 15, 18日、
ウィーン、ムジークフェラインザール、
【使用音源】2012年オリジナル・マスターテープよりアビイ・ロード・スタジオによる24bit/96kHzリマスター音源
(メーカー・インフォメーションより)

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
22
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
どんな音なのか期待してLPレコード購入して...

投稿日:2019/08/27 (火)

どんな音なのか期待してLPレコード購入してみました。昔のアナログの音ではありませんでした。1970年代に購入したバルビローリのLPは音質がとても良く、音域も広くダイナミックで、高音域の抜けもすばらしく良いのです。ところが最近のLPは、デジタル24bit/96khzにリマスターされた音源を使用してのLPレコード製造のためなのか、本来のアナログの音になっていないです。昔のアナログの深い味わいを知っている者には支持されないと思います。バルビローリの指揮とウィー・フィルの演奏については星★★★★★でしょうが、新LPの音は星★とさせていただきます。

WE555 さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
★
★
この演奏を聴いて何も感じないという人はブ...

投稿日:2016/07/17 (日)

この演奏を聴いて何も感じないという人はブラームスに興味がない人と言ったら言い過ぎだろうが、4番は演奏自体は確かにオケの厚みがなく、室内楽のように聞こえるが、これが彼の持ち味なのだと考えれば何ともない。この4番の人類普遍の哀しみを表現できるバルビは本当に素晴らしい!それよりあのうるさい(当時は特にそうだったはず)VPOからこんな素晴らしいアンサンブルを引き出せたのだから、バルビはやはり「大物」だったのだろう。2番も同様で、素晴らしいのひとこと!ある意味ではこのボックスの白眉はこの2番ではないだろうか?1番はとにかく遅いが、迫力不足などと言わせない信念を持った演奏!豪快に一気呵成に行ってしまう竹を割ったようなミュンシュパリ管も別の意味で素晴らしいが、このバルビ節一徹の1番は穏やかに流れるように進んで行くという意味で、こういうやり方もあるんだ、という気にさせられる。3番には小生興味がないのでまったく聴いてないので書けません。古き良き時代のブラームス、と言ってしまえばそれまでですが、カラヤンはじめ他の大半の指揮者のように次世代には全く忘れ去られてしまうことはない、と断言できます。後世に長く残せるいいボックスだと考えます。

mid-massa さん | 三重県 | 不明

6
★
★
★
★
★
演奏も(特にピアノ)も運動も(特にゴルフ...

投稿日:2016/03/12 (土)

演奏も(特にピアノ)も運動も(特にゴルフ)その要諦は「力を抜く」ことにありますよね。しかし、「わかっていてもできない」のが凡人。その点バルビローリはやはり違います。ウィスキーの小瓶が本当かどうか知りませんが、「肩の力を抜く方がずっといいよ」という姿勢が一貫しているのがとても「チャーミング」ですよね。その意味でブラームスのオーケストレーションが鳴るようにできている偶数番が良いのは当然かもしれません。スピードスケートの名人のように「すぅー」と力を抜いて、演奏しながらハーモニーを聞くとこういう演奏になるのではないかと思います。ウィーンフィル相手に「ブレない、媚びない」姿勢を保つことの凄さ。精神力。サージョンはやはりノーブルなんですよ。どこのオケのポストとかいう権力闘争なんてどうでもいい。でもその姿勢をウィーンが(ベルリンも)評価した記録がこのディスク。なんか嬉しくなりませんか?

てつ さん | 東京都 | 不明

7

Symphonies Items Information

Recommend Items