CD Import

Brahms Piano Quartet No.2, Mahler : Eldar Nebolsin(P)Anton Barakhovsky(Vn)Alexander Zemtsov(Va)Wolfgang Emanuel Schmidt(Vc)

Brahms (1833-1897)

User Review :5.0
(1)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
8572799
Number of Discs
:
1
Label
:
:
International
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

ブラームス:ピアノ四重奏曲第2番、マーラー:ピアノ四重奏曲
エルダー・ネボルシン、アントン・バラホフスキー、他


先に発売された第1番と第3番のピアノ四重奏曲は、現在バイエルン放送交響楽団のコンサート・マスターをはじめ、世界で活躍するヴァイオリニスト、バラホフスキーと、若手ピアニスト、ネボルシンを中心とした緊迫感溢れる見事なアンサンブルが繰り広げられた名演でしたが、穏やかな第2番では、4人の奏者たちがゆったりと伸びやかな音楽を奏でています。ブラームスのピアノ四重奏曲の中では、比較的地味な存在ですが、第1楽章では田園的な曲調の中にも、時々短調の荒々しい部分が見え隠れするなど、50分近い長さの中に緊密な構成が凝らされた大作です。第2楽章はブラームスらしい陰鬱な美しさを湛え、本来なら快活な楽章である第3楽章のスケルツォも悠然とした雰囲気を持っています。楽しげな終楽章も聴きもので、ブラームスが存命だった頃は、3曲の中で一番人気を誇っていたというのもうなずける出来栄えです。
 マーラーの作品は、学生時代の習作ですが、すでにマーラーらしい厭世観と激情を併せ持つ個性的な曲です。(輸入元情報)

【収録情報】
● ブラームス:ピアノ四重奏曲第2番イ長調 Op.26 (1862)

● マーラー:ピアノ四重奏曲イ短調 (1876)

 エルダー・ネボルシン(ピアノ)
 アントン・バラホフスキー(ヴァイオリン)
 アレクサンドル・ゼムツォフ(ヴィオラ)
 ヴォルフガンク・エマヌエル・シュミット(チェロ)

 録音時期:2012年10月25-28日
 録音場所:モンマス、ウィアストーン・コンサート・ホール
 録音場所:ステレオ(デジタル/セッション)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
マーラーのピアノ四重奏曲を聴きたくて購入...

投稿日:2018/05/23 (水)

マーラーのピアノ四重奏曲を聴きたくて購入しました。ブラームスに続けて聴くと、2人の間に管弦楽曲(特に交響曲)で感じるほどの断絶は無いことに気付きました。マーラーの響きにはシューマンの香りすら感じました。チェロのWolfgang Emanuel Schmidtの名前、どこかで見たような・・・と思ったらマンデルリング四重奏団を中心としたブラームスの弦楽六重奏曲集(Audite)で第2チェロを弾いていました。このメンバーでブラームスの第1番&第3番も聴いてみようかな。

ガメラ さん | 群馬県 | 不明

0

Recommend Items