CD Import

Triple / Double Concerto: Oistrakh, Rostropovich, S.richter, Karajan, Szell

Beethoven / Brahms

User Review :4.5

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
66954
Number of Discs
:
1
Format
:
CD
Other
:
Import

Product Description

This fabled 1969 recording of the Beethoven 'Triple Concerto' brought together for the first time Herbert von Karajan (conducting the Berlin Philharmonic) and three of the most legendary instrumentalists of the day. To give an indication of how wondrous the results of this collaboration were, consider that when the concert was to be repeated in Moscow, the Russian authorities first barred Mstislav Rostropovich from playing (because of his support of Alexander Solzhenitsyn in the Russian press) then reinstated him after both David Oistrakh and Sviatoslav Richter refused to play with any other cellist. Rostropovich later observed that "those who witnessed the concert remember it to this day, for it was an occasion when music won over oppression." Conceived at the time of his 'Eroica' Symphony, Beethoven's triumphal concerto elicits extraordinary playing from these three artists, playing that seems to have stirred Karajan and the Berliners to rise to that impossibly high standard.

Track List   

  • 01. 1. Allegro
  • 02. 2. Largo
  • 03. 3. Rondo Alla Polacca
  • 04. 1. Allegro
  • 05. 2. Andante
  • 06. 3. Vivace Non Troppo

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
13
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 ベートーヴェンがLPで発売されたとき、...

投稿日:2016/09/28 (水)

 ベートーヴェンがLPで発売されたとき、早速聴いてみたが、オーケトスラの序奏部分の圧倒的な力感に打ちのめされたことをよく覚えている。もうずいぶん前のことになるが。ただ、ソロが入ってくると、何となくエキルギーが下がるような気がして、曲自体には感心しなかったし、今でもそれは変わらない。ところで、「写真」事件がいろいろな人によって書かれているが、私はかなり誤解があるのではないかと、ずっと思っている。当時のレコードには比較的詳しい解説があったのだが、このレコードは、録音の成立事情なども含めていろいろな逸話も載っていた。レコードそのものはもっていないので、詳しいことは覚えていないが、リヒテル、オイストラッフ、ロストロポーヴィッチの3人に、ソ連の録音関係者から、この曲の録音の提案があり、三人が指揮がカラヤンならOKという条件をだし、カラヤンが承諾して、実現したと書いてあった。カラヤン自身の発案ではなく、頼まれ仕事だったわけだ。だから、当初はカラヤンが普段録音しない会社から出たと記憶する。それから、録音中のトラブルについても書かれていた。それは、第二楽章に関して、リヒテルとオイストラッフが解釈上の違いが表面化し、本番テイクのあと、どちらかが取り直しを要求し、一方がいまやった解釈がいいのだといって、譲らなかったというのだ。(二人が取り直しを要求したのをカラヤンが無視したというのは、私の記憶では間違っている。)そこで写真の提案をしたと書かれていたかどうかは、記憶にないのだが、私の解釈では、結局、ふたつのまったく反対の要求をされたカラヤンとしては、どちらをとっても、他方の面目をつぶすことになってしまうので、裁定を避けたのだと思っている。正直、頼まれ仕事なのだから、どちらの解釈でもいいと思っていたのではないだろうか。カラヤンという指揮者は、そもそもこのレベルのソリストについては、相当自由な解釈を許すタイプであり、どちらかの解釈が自分に近かったとしても、ここではそれを明示することが、決してよい結果をもたらすものではないとして、「写真」という演奏に関係ないことを持ち出したのだろう。演奏より写真というようなことではなく、大人のトラブル対応をしたのだと私は思っている。

wakei さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
LP時代から宣伝にのせられた有名な盤、オ...

投稿日:2015/11/04 (水)

LP時代から宣伝にのせられた有名な盤、オイストラフ、セルでブラームスなら悪いはずがない。そのとおり堂々としてかつ堅実なアンサンブル。この曲好きなもんでいろいろ聴いているが決定版とするか。録音はいいと思うが強奏での歪を改善できないか、多くのレビュアの方々が指摘のとおりです。ベートーベンは4スター競演の喜遊曲のようなもの、組み合わせとしてはVn協奏曲がベターと思う。

tanobu さん | 兵庫県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
エソテリック様、ドッペルだけでいいですか...

投稿日:2011/06/22 (水)

エソテリック様、ドッペルだけでいいですからSACD化よろしくお願いします!

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

2

Recommend Items

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト