CD

Sym, 9, : Furtwangler / Bayreuther Festspielhaus (1951)

Beethoven (1770-1827)

User Review :4.5

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
TOCE6515
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD

Product Description

いうまでもなく「第9」演奏史上永遠に残る、フルトヴェングラー最高の名演。オーケストラにミスはあるものの、熱気に溢れ完成度の高い演奏で、そこには底知れぬ深さと巨大性があり、宇宙の広大ささえ感じさせるものがある。(CDジャーナル データベースより)

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
17
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
自分で購入しただけでも盤起こしやらSACDや...

投稿日:2021/05/28 (金)

自分で購入しただけでも盤起こしやらSACDやらで10種類を超える1951年のバイロイトの第9。テープより新たにDSD11.2MHzマスターということで、これで最後と購入しました。ところが第1楽章では金管やティンパニが何故か遠くに聴こえ「これがオリジナルなのか」と思いきや、第2楽章ではティンパニが近くで聴こえてきます。あぁ、この盤でもエンジニアがレベルコントロールをしてあるのだとわかり、ガックリと言いますか、何が本当のバイロイトの第9の音なのか、途方に暮れる気分です。ちなみにバイオリンの音は艶やかで全楽章通して良く聴こえます。ただし日本初登場のエンジェル盤LPのような不思議なエコーはありません(あれもレッグの仕業なのかもしれませんが)。

jin さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
★
このバイロイト音楽祭の第九に関しては、東...

投稿日:2021/03/29 (月)

このバイロイト音楽祭の第九に関しては、東芝初期盤、各種のリマスター盤を聴いてきたが、最も納得したのがこのブライトクランク盤である。モノラル盤もそれなりの良さはあるが、やはり偽ステレオであるとはいえ、広がり、音色等においてこのTOCE6515のほうがはるかに感銘深く聴ける。モノラルではOTAKENの TKC-301がオリジナルALPに近い音だと思う。3,5,6,7番もブライトクランクで成功している。田園など、こんな高貴な音の響きなのかと知ったぐらいである。西独プレスのブライトクランクCDは発売されていないのだろうか。あればぜひ聴きたいものである。なお、後発のTOCE-3007はHS2088のリマスター盤で、音はすっきりしているが音色、厚み、味わい等において、私はこの6515のほうを好む。

robin さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
このバイロイトについてはどれが正解か分か...

投稿日:2021/03/09 (火)

このバイロイトについてはどれが正解か分かりませんが平林直哉復刻を信用して購入してます。

あじ さん | 不明 | 不明

0

Beethoven (1770-1827) Items Information

  • Furtwangler / Bayreuth 1951 German Edition. In 1951 Wilhelm Furtwangler twice demonstr... HMV&BOOKS online|Friday, January 1, 2008 21:20
    Furtwangler / Bayreuth 1951

Symphonies Items Information

Recommend Items