SACD Import

Sym, 1, 8, : Krips / Lso

Beethoven (1770-1827)

User Review :5.0
(3)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
KKC4037
Number of Discs
:
1
:
International
Format
:
SACD
Other
:
Hybrid Disc,Import

Product Description

オリジナル35ミリ磁気フィルムよりSACDリマスタリング!
驚異の音質で蘇った『エヴェレスト』第3弾!
ベートーヴェン交響曲全集(分売)
クリップス&ロンドン交響楽団


1960年ステレオ録音。ヨーゼフ・クリップス[1902-1974]はウィーンに生まれワインガルトナーに師事した往年の名指揮者。オペラからシェーンベルクまで多くのレパートリーを持っていましたが、特にモーツァルトの演奏では定評がありました。
 ロンドン交響楽団を指揮したベートーヴェンの交響曲全集は、エヴェレスト・レーベルによってロンドンのウォルサムストウ・アセンブリー・ホールでセッション・レコーディングされたもので、快適なテンポと着実に仕上げられた演奏はなかなか魅力的です。
 今回は、オリジナルの35ミリ磁気フィルムからSACDリマスタリングされたものということなので、この演奏本来のサウンドが期待できるものと思われます。(HMV)

【キングインターナショナルより】
エヴェレスト・レーベルは1950年代後半に、ハリウッド映画と同じ35ミリ磁気フィルムを用いて、ステレオ最初期ながら驚異的な音の良さで世界のオーディオ・ファンを興奮させました。日本でも故・長岡鉄男氏が激賞して紹介したため、今日でも伝説のレーベルとして特別な存在となっています。
 今回オリジナル35ミリ磁気フィルムからSACDリマスタリングを施し、50年以上前の録音とは信じ難い鮮明なサウンドを蘇らせました。楽器の分離の良さ、生々しさもさることながら、驚くべきエネルギーに圧倒されます。これまでリリースした10タイトルは、最新の録音に優るとも劣らぬレンジの広さ、情報量の多さ、歪みの少なさでオーディオ関係者にショックを与えました。
 第3回はクリップス指揮ロンドン交響楽団によるベートーヴェンの交響曲全曲シリーズ。これまで何度も発売され、怪しげな缶入りや100円ショップ商品にまで使用されたものですが、粗悪コピーを重ねたり、再生技術がついていかなかったため真価を発揮できなかったものを、オリジナル35ミリ磁気フィルムから最新マスタリング。SACDとなり驚くべき高音質録音であることが立証されました。それによりクリップスの微妙なニュアンス
まで変わり、これまでの先入観を一新してくれます。
 これらのディスクはライセンスでキングインターナショナルが独占制作・販売しております。輸入盤は存在しませんので、予めご了承下さい。全点日本語解説付。(キングインターナショナル)

ウィーンのかおり香しいクリップスのベートーヴェン第1番

ベートーヴェンの交響曲中、クリップスの良さが実感できるのは第1番。またウィーン古典派の名残りが感じられる優美な世界を、絶妙に表現。第8番の明るさもクリップスにぴったり。ますますクリアな響きとなり、演奏の見事さを再認識させてくれます。
【収録情報】
ベートーヴェン:
● 交響曲第1番ハ長調 op.21 [25:45]
● 交響曲第8番ヘ長調 op.93 [27:13]

 ロンドン交響楽団
 ヨーゼフ・クリップス(指揮)

 録音時期:1960年1月
 録音場所:ロンドン、ウォルサムストウ・アセンブリー・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
このシリーズは音質も演奏もいいのですが集...

投稿日:2021/03/09 (火)

このシリーズは音質も演奏もいいのですが集めるのが大変でコストも少しばかりかかりますが価値はあると思います。

あじ さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
今回の購入で、クルップスのベートーベン交...

投稿日:2021/01/21 (木)

今回の購入で、クルップスのベートーベン交響曲全集がすべてそろいました。ちょっと高価でしたが購入してよかったと思います。中庸で優雅、ウイーンの香りがほとばしり、疲れているときには、第一に選択するベートーベン交響曲全集です。個人的には、1番、3番、5番、6番、8番、9番が好きです。

LFA さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
クリップス/ロンドンso.のベートーヴェン...

投稿日:2016/04/23 (土)

クリップス/ロンドンso.のベートーヴェン全集のSACDでの発売は大歓迎です。これまでのCDよりも録音会場にグッと近づいた音響によって,至福の時を味わうことができます。値段が若干高めなのが残念ですが,美しさの点で数あるベト1の中でも間違いなく最右翼に位置するものの一つと言えるでしょう。また,ベト8も攻撃性と縁のない柔らかな表現を繰り広げ,ユニークな存在です。ダイナミックは狭く,迫力を求めるのは無理ですが,ウィーンをイメージさせる豊かな抑揚は,他の演奏と一線を画すものです。只,音質にふくよかさがやや不足しているところが残念です。EQでバランスを整えて聴くとかなりの音質になります。SACDで聴くクリップスのベートーヴェンは丸まった凡庸なものではなく,豊かなイントネーションや適度なアクセントの付け加えられた積極性のあるものです。 第1番はテンポ設定が極めで常識的で,恣意的なダイナミックを入れることもなく,奇抜なアイディアから最も遠いオーソドックスな解釈です。ただ,随所に込められた細かなニュアンスにより,曲の美しさを余す所なく描いています。その意味で入念な解釈が成されており,スタンダードたり得る名演に入れてよいのではないでしょうか。木管が色彩豊かに録られているところも魅力的で,様々に表情を変える管楽器の音色のブレンドの様が楽しい。 8番の方も出だしから柔らかな音響に包まれ、円満なテンポ設定の中で各楽器の歌謡性と音色の変化を味わえます。tpとHrが金管としての存在を誇ることなく,各木管楽器と同列に音色のパレットの中に収まり,音彩の鮮やかさに彩りを加えているところがユニークです。弦楽器と木管楽器,金管楽器の移ろいゆく音色の変化を味わうのも楽しい。 SACDでは,こんなところにヴィヴラートやアクセントがあったのかと,これまで聴き取れなかった詳細を耳にでき, ただ,全集でおよそ2万円は少し高いですね。全部で5枚にするとか何か方法はなかったんでしょうか。

広島のパヴァンヌ さん | 広島県 | 不明

3

Beethoven (1770-1827) Items Information

  • Furtwangler / Bayreuth 1951 German Edition. In 1951 Wilhelm Furtwangler twice demonstr... HMV&BOOKS online|Friday, January 1, 2008 21:20
    Furtwangler / Bayreuth 1951

Symphonies Items Information

Recommend Items