Books

中国の歴史 4

陳舜臣

Product Details

ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784061847859
ISBN 10 : 4061847856
Format
Books
Publisher
Release Date
January/1991
Japan

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • レアル

    短期政権だった隋とその隋の制度を引き継いだ長期政権の唐。日本でも「遣隋使」や「遣唐使」と中国と交流を深めたこの時代。そういえば平城京がモデルにもなったのもこの都。当時の日本は中国に影響を受けていろんなものが吸収されていった。日本のこの時代を愛する私にとっても唯一中国史の中でも得意な時代。その後その得意な時代が滅んで短期政権が入れ替わる五代十国時代を経て宋の時代へ。宋といえば「水滸伝」を思い出す。長期政権と短期政権を繰り返しながら進む中国史。何だかようやく得意な時代や馴染みの時代に入ってきた。

  • Akihiro Nishio

    本巻は随の成立から北宋の滅亡まで。名君と誉れ高い唐の李世民と、宋の建国者である趙匡胤の登場である。宋は水滸伝の影響で駄目な国の印象が強かったが、創始者から続く寛容の精神が素晴らしい。しかし、その宋を持ってしてもすぐに腐敗と人民から搾取の時代へと変貌してしまい、版図の北半分を失ってしまう。中国での政治は本当に難しい。あと、印象に残ったのは、仏教の国家への貢献の少なさ。国家鎮護の役割を当初から打ち出していた日本の仏教と全く違う。日本では、その長い国家鎮護仏教の歴史があって、民衆救済の仏教が出現したのだろう。

  • ten304

    唐以後の分裂期を経て、ついに宋王朝が興る。前に混沌とした時代を見てきたせいもあって、趙匡胤がものすごく輝いて見える…。宋にはなんとなく地味な印象があったが、人民に活力が溢れていた魅力的な時代だった。激しい政争の間にあってもお互いを尊敬することを忘れない文人たちに感激。そんな宋もやはり堕落し、新興の金の圧迫を受けて南へ逃れ、これ以後南宋の時代となる。

  • shouga123

    隋から宋の終わりまで。唐のあたりで頻繁に歴史は勝ったものの手によって作られると書かれているのが印象に残った

  • ふぃすか

    隋唐、五代十国、宋(北宋)。こうして見ると世の中ずっと乱れっぱなしのような気がしてくるよ…。まぁ平和な時より乱世の方が特筆することが多いからかもしれないが。とりあえずよく話半分でみたいな記述を見かける。勝者の書く歴史だから仕方ないんだろうけど。書かれ方で得してる人と損してる人の差は大きい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items