CD

Mosaic Structure

畠山令

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
FRW2365
Number of Discs
:
1
Label
:
Format
:
CD

Product Description

2017年 International Songwriting Competition ファイナリスト!
ベーシスト畠山 令の待望の1stアルバム
世界最大級の作曲コンペティションファイナリスト曲を含むオリジナル10曲と
枯葉を含む全11曲の快心作


ベーシスト畠山 令が自身のカルテットを率いたデビュー・アルバム「Mosaic Structure」をリリース。深く太いビート、そして力強く優しいその音色で自由に音楽全体をリードする彼のプレイは聴く者全てを魅了する。
 曲は枯葉を除く10曲が畠山令のオリジナルとなりその独特で唯一無二の世界観には定評があり世界最大級の作曲コンペティションでファイナリストとなり作曲家としても高い評価を得る。またスタジオ録音にもかかわらずライブさながらのインタープレイによりそのサウンドに引き込まれていく。(販売元情報)

【Member】
畠山 令 - Ryo Hatakeyama: bass
浅井良将 - Ryosuke Asai: alto saxophone
吉田優子 - Yuko Yoshida: piano
中村雄二郎 - Yujiro Nakamura: drums

Recorded, Mixed and Mastered 沢村 光
Recorded at Koko Plaza, Osaka

畠山 令(プロフィール)
18歳の時にエレクトリック・ベースを始め、その後甲陽音楽学院 に入学し上山崎初美氏に師事、ベースという楽器の持つ可能性を体得する。ジャズの持つ即興性や音楽の広がりに感銘を受け20歳でアコースティック・ベースに転向し、バークリー音楽大学に奨学金を得て入学。在学中はR.Mahdi、 J.Lockwood氏らに師事、また学生時代より 現地アメリカの数々のライブハウスで演奏する。2006年から2009年にはRodney Whitakerに師事。卒業後に帰国し自己のグループを中心に「ジャズの伝統を大切にしながら、新しくも個性のある音楽の 創作」をモットーに活動している。2017年には自身の作曲した曲、Two in OneがInternational Songwriting Contestでファイナリストに選出。2018年に自身初となる1stアルバム"Mosaic Structure"を発売。国内のみならずフランス、ドイツ、ルーマニア、台湾等でも演奏をする。Taipei International JazzFestival, Pinneberg Jazz Festival,Europa Fest, Tokushima JazzStreet, Takatsuki Jazz Street等数多くのジャズフェスティバルに出演Benny Green、Craig Handy、John Pizarreli、山中千尋 等著名アーテイストとの共演多数。(販売元情報)

Track List   

  • 01. Two In One
  • 02. Swangin
  • 03. Pendulum
  • 04. Eric the Dolphy
  • 05. Dance of Thelonious
  • 06. Dark Gloomy Room
  • 07. Hands
  • 08. Autumn Leaves
  • 09. Tower of Babel
  • 10. Phantom
  • 11. Mosaic Structure

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Modern Jazz Items Information

Recommend Items