Books

新しい労働社会 雇用システムの再構築へ

浜口桂一郎

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784004311942
ISBN 10 : 4004311942
Format
Books
Publisher
Release Date
July/2009
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

「正規労働者」が要件の日本型雇用システム。その不合理はもはや覆うべくもない。正規、非正規の別を越え、合意形成の礎をいかに築き直すか。問われているのは民主主義の本分だ。混迷する雇用論議に一石を投じる書。

【著者紹介】
濱口桂一郎 : 1958年大阪府生まれ。1983年東京大学法学部卒業。同年労働省に入省。東京大学客員教授、政策研究大学院大学教授をへて、現在、独立行政法人労働政策研究・研修機構労使関係・労使コミュニケーション部門統括研究員。専門は労働法、社会政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@執筆中

    外国の例を引きながら、現代の日本社会での問題点を述べている。なぜ日本は、ダブルスタンダードがまかりとおる硬直化した社会からなかなか抜け出せないのだろう。

  • Miyoshi Hirotaka

    海軍工廠が起源の年功型生活給は戦後も維持された。長期雇用とセットになることで、中高年に実績以上の賃金を払うために必要だったからだ。また、年齢とともに昇給しなければ、増加する生活、住宅、教育などの費用を社会保障として給付しなければならなくなる。つまり、これは政府にとってもメリットがあった。ところが、これは労働力を固定化し、同一労働同一賃金という原則から乖離する。雇用は複雑な社会システム。ある原則だけを強調すると常識外れの議論に陥り、現実に適合しない。時間的、空間的な広がりの中で労働社会を捉えることが必要。

  • 壱萬弐仟縁冊

    僕は学習支援業。家庭教師の場合、結構契約書には事細かい就業規則に判を強いられる感じがする。それに比べたら、塾講師の方がまだ緩いのではないか。前者は非正規も正規もいるが、後者は室長以外、非正規が多いように思う(あくまで印象)。非正規で国保国年。学生バイトの類でSNEPになり損なっているのが実態だ。同じ人を育てる仕事をしているのに、官民格差、処遇格差も甚だしい。今朝マクド(第1章)の社長が生島ヒロシの番組へ4千本のバラを届けたというが、現場の労働者にいくお金がバラに化けたのでは? ワープアで国年18万キツぅ。

  • balthazar

    5年ぐらい前に読んだ本の再読。最初読んだ時には内容をあまり良くわかっていなかったことを改めて痛感。日本の雇用形態が著者の言うメンバーシップ制であるゆえに不安定な非正規雇用や雇用保険などの社会保障の不全など様々な問題をもたらしていることが良く理解できる。そしてその改革が中々難しいことも。6年前に書かれているにも関わらず、今なお内容が古くなっていないと言うのはむしろ悲劇。もういい加減にこの著者の問題意識を共有して改革への端緒を付けようよ。

  • イケダ アイ

    「国際比較の観点」と「歴史的なパースペクティブ」で労働問題をまとめた一大叙事詩。著者の圧倒的な知識量と、どこかウィットに富んだ文章で、内容は決して簡単ではないけれどつい後を引くように読んでしまった。2009年初版だが、話題の同一労働同一賃金についてもかなりの頁が割かれていて、既に答えが書かれている気がする。雇用問題を勉強している人や、会社の労務管理、給与制度の設計に関わる人は絶対に読んでおいたほうがいい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items