Books

アイヌ人物誌 新版

松浦武四郎

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784791770960
ISBN 10 : 479177096X
Format
Books
Publisher
Release Date
September/2018
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

目次 : 近世蝦夷人物誌・初編(兄弟の豪勇、兄イコトエ・弟カニクシランケ/ 副酋長リクニンリキ/ 三女の困窮、ヤエコエレ婆・ヒルシエ婆・ヤエレシカレめのこ ほか)/ 近世蝦夷人物誌・弐編(百歳翁イタキシリ/ 孝子クメロク/ 怪童イキツカ ほか)/ 近世蝦夷人物誌・参編(孝子イカシアツ/ 烈女カトワンテ/ 感心な少年エトメチユイ ほか)

【著者紹介】
松浦武四郎 : 1818年‐1888年。江戸末期の北方探検家。伊勢国一志郡須川村(三重県松阪市小野江町)の郷士松浦桂介の四男。1845年(弘化2年)から1858年(安政5年)まで六回にわたり、東西蝦夷地(北海道)、北蝦夷地(サハリン)、国後、択捉を探検。1869年(明治2年)に開拓判官となり、北海道名や国郡名を選定したが、政府のアイヌ政策を批判して翌年辞任した

更科源蔵 : 1904年生まれ。アイヌ文化研究家、作家、詩人。1985年没

吉田豊 : 1927年生まれ。作家。2010年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まると

    筆者は北海道の名付け親である松浦武四郎。単なるアイヌの人物紹介かと思って読み始めたら、意図は違っていた。幕末の蝦夷地や樺太で和人に搾取されるアイヌの窮乏ぶりを見聞に基づき、告発する内容だ。男は遠くの漁場で何年も強制労働させられ、残された妻は悪徳な番人に凌辱される。松前藩の治政下では、そんな理不尽な状況が常態化していたらしい。それでも民族の誇りや家族へのいたわりを忘れず、健気に生きるアイヌたちを99編にわたり紹介している。アイヌを人とも思わない当時の風潮の中で、彼らに寄り添う武四郎の目線の温かさに感動した。

  • 紙魚ったれ

    挿絵が愛嬌があってグッドでした。

  • えひめみかん

    和人の非道を糾弾し、アイヌの純朴を明らかにした松浦武四郎の書の現代語訳。ウポポイのオープン前の勉強がてら。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items