Books

家の歴史を書く

朴沙羅

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784480818485
ISBN 10 : 4480818480
Format
Books
Publisher
Release Date
September/2018
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:
朴沙羅 ,  

Content Description

「私の家族はいつどのように、どうして済州島から大阪へとやってきたのか。その後どうやって生きていったのか」気鋭の社会学者による生活史記述の試み。

【著者紹介】
朴沙羅 : 1984年生まれ。専攻は歴史社会学。立命館大学国際関係学部准教授を経て神戸大学大学院国際文化学研究科講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しゃが

    記憶がキーワードの本が読み続いた。「家族はいつどうやってなぜ日本に来たのだろう」、済州島から来た9人の伯父伯母を持つ著者は在日三世。祖父母を含めた彼らの生活史を表しながら、記憶とは、当事者たちが体感した歴史を提示。知らないことばかり、済州島での生活、四・三事件、繰り返す密航のやりかたとその後の顛末、在日としての暮らしや思い、一族の関係性、済州島の今…、日本統治や四・三事件の虐殺がなければ、家族たちは日本に来ただろうかと読後も疑問が湧く。彼らにも著者にも済州島は家族と歴史の記憶の場であったが今との繋がりは?

  • はづき

    言葉と地名になじみがあるから、臨場感を持って読めた。逆に言えば、そうじゃないと読みにくそう。 語り手(著者)は家族が語る歴史をどう受けとめ、再構成していくかを問いかけられる。日本に必要なのは歴史に向き合っていくこと。歴史に向き合わない国はいつまでも不安定。根なし草ではなく、根をはろうとした人たちを受け継ぐためにも。

  • スイ

    「私が自分を根無し草だと言うなら、それはきっと私が話を聞いてきた人たちに失礼に当たるだろう。だってあの人たちは、日本に根付こうとして、七〇年間も七転八倒してきたのだから。」 韓国済州島から日本に来た親世代の親族の話を、社会学者の著者が聞いて著した、「生活史」の記録。 ただ聞いた話を書くだけでなく、現代の著者の視線や、インタビューをする者受ける者の関わり方についてなどが織り込まれている。 それもあって雑多でまとまりのない印象も受けるのだけど、人の人生はそういうものだとも思う。

  • チョビ

    そもそも記憶とは曖昧である。それを元に生活「史」を作ることはありえない(から、解釈が起きる、その結果お金をゆする人もいる)。基本的に都合のいいことしか覚えていなかったり、記憶違いもあるやもしれない。それを整理しても読みづらいことこの上なし!なのです。だが、当人にとっては当人の大切なそれがあっての彼女の歴史なのだろう。 しかし、わかったことは「大阪でヒョウ柄の服着てチャリにカサつけてるおばちゃん」そのものがたくさん出て来た・・・ような気がした。 まずは大阪弁がわかる方でないと、かなり読みづらいかもです。

  • 糸くず

    「どんだけつらいか、そのつらいのわからへん。どこもわからへん。字知らんほどつらさは、人には言われん」今、読まれるべき本である。日本人にとっての「空白」がここにある。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items