Books

邪魔者のようですが、王子の昼食は私が作るようです メリッサ

天の葉

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784758092883
ISBN 10 : 4758092885
Format
Books
Publisher
Release Date
August/2020
Japan

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 陸抗

    公爵令嬢のナターシャがこの世界がゲームか小説の世界だと気がついたのは、ヒロインの「うわ。悪役令嬢」の一言からだった。幼なじみで婚約者のソウティク王子を不幸にしないため、身を引こうとするけれど、上手く行かず。全員上流階級のはずなのに、砕けた口調だったせいで庶民の会話みたいだった。極めつけは、ナタ―シャがヨアニスをよっちゃんと呼ぶ度に、よっちゃんいかのあのキャラが頭に浮かぶので、本当に止めて欲しかった。全体的な流れは面白かったけど、端々の会話とかで疲れてしまった。

  • りおる

    普通の転生ものと思い購入しましたが、大人向けです。 婚約者でもある幼なじみの王子にお弁当を持っていくところに、王子の隣にいた見知らぬ少女が発した「うわ。悪役令嬢」という台詞に自分が転生したことに気づいたナターシャ。乙女ゲームや本は好きだったけど、この世界の記憶がなく、いったいどの作品の世界で自分がどうなるのか不安になる。確実に攻略対象であるだろう王子から身を引こうとするけど、王子はナターシャのことを溺愛していて…という濃密ラブストーリー。ざまぁはなし。話自体は面白かったけど、エロが多めでした。

  • たけのこ

    登場人物が揃いも揃っていいご身分(ソウなんか王子様ですしね)なのに、みんながみんな砕けた口調なのがむしろ良かったです。こう、読んでいて疲れなくて。「よっちゃん」「ナーさん」と呼び合うヨアニスとナターシャの仲良しぶりも面白いですし(笑)。貴族や王族でも、職務を離れればただの若者なんだなあと実感させられる1冊でした。よっちゃん視点も気になるので、また後日読んでみようかと思います。

  • めい

    電子

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items