Books

外来種のウソ・ホントを科学する

ケン・トムソン

Product Details

Genre
ISBN/Catalogue Number
ISBN 13 : 9784806715337
ISBN 10 : 4806715336
Format
Books
Publisher
Release Date
February/2017
Japan
Co-Writer, Translator, Featured Individuals/organizations
:

Content Description

何が在来種で何が外来種か?外来種の侵入によって間違いなく損失があるのか。駆除のターゲットは正しかったのか。人間の活動による傷跡に入りこんだだけではないのか。英国の生物学者が、世界で脅威とされている外来種を例にとり、在来種と外来種にまつわる問題を、文献やデータをもとにさまざまな角度から検証する。

目次 : 序 ラクダはどこのものか/ 移動する種/ 在来性のわずかな歴史/ まずは悪いニュースを少々/ 訴状の通り有罪か?/ いいものなら在来種に違いない/ 生態学の講義を少々/ 悪いやつを探せ/ 制御不能/ 後戻りなし/ 競技場を均すには/ 侵入にまつわる五つの神話/ わたしたちはどこへ向かうのか

【著者紹介】
ケン・トムソン : 生物学者。英国シェフィールド大学の動物および植物科学の部門で20年間教鞭をとる。ガーデニングに造詣が深く、デイリー・テレグラフ紙でガーデニングに関する人気コラムを執筆

屋代通子 : 兵庫県西宮市生まれ。出版社勤務を経て翻訳業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

Customer Reviews

Comprehensive Evaluation

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Book Meter Reviews

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 厩火事

    外来種問題のうやむやな部分を切り取った一冊。目立つもの、人の目に触れやすいものだけを防除していて本当の効果は得れているのか問題提起する本だった。

  • qoop

    生態系を乱し自然環境に害を為す外来種…という印象は多くの場合視野の狭い臆見に過ぎず、大きく変化する自然の実相を無視した感傷に過ぎないと喝破する著者。あるがままの生態系という幻想を追うあまり、フレキシブルな自然の構造を排斥する結果につながるのなら、それもまた人為的な自然への介入に過ぎないのかもしれないと思わされた。また、そのように狭隘な視点で環境を捉える視点のあり方/臆見は、著者のいう通り外国人排斥に繋がっていそうで不穏なやり切れなさを感じる。

  • mick

    最近日本でもヒアリが話題になっていて、本書でもアメリカでの事例が取り上げられていたが、在来種、外来種と改めて考えてみると確かにその区別は難しい。日本は島国であるため、著者が取り上げている地域とは異なる面もありそうだが、根本的な考え方に違いはない。読み始め、人間社会の移民問題を連想し、所詮人も一生物にすぎないことを強く思った。当然だと思っていることに常に懐疑的であることというのもよくわかった。

  • なか

    ★p285 今この世界は人間の活動によって生物圏が完膚なきまでに改変されていて、その中では外来種の拡大など、実はほんのかわいらしい、さして重要でもないものだ。そんな世界にあるのだから、今だ汚されていない人間以前の黄金時代に時計を巻き戻せるなどという考えは、いい加減捨てたほうがいい。

  • とことこ

    外来種、本来の生態系を壊し在来種を絶滅に追いやる悪い奴と駆除されているけど、地球の長い歴史で見ると、生物は移動を繰返し、在来種外来種の線引きはとても難しいことがわかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Recommend Items