よるのむこう

nakaban

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592761594
ISBN 10 : 4592761596
フォーマット
出版社
発行年月
2013年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
nakaban ,  
追加情報
:
26

内容詳細

帰郷をテーマにした、nakabanの詩情あふれる新作絵本。

【著者紹介】
nakaban : 1974年広島県生まれの画家。絵画制作のかたわら絵本やアニメーションを発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • シナモン さん

    深い青い夜。夜行列車に揺られ覚醒と眠りの狭間、頭に浮かんでくるいろんな想い。朝になり家に帰る。迎えた朝の水色がなんとも言えず。静かな静かな一冊でした。

  • 馨 さん

    油絵が幻想的な絵本。夜行列車でふるさとに帰ったことはないが、夜の景色から朝の景色に青がだんだん薄くなっていく、人がいない町から人がいる駅へとつながる光景が浮かんでくる良い本でした。

  • けんとまん1007 さん

    夜行列車に何度も乗ったことがあるので、この本のイメージが、とてもよくわかる。大学時代、大学との往復や、大阪にいたころの往復など。列車の中の独特の空気、窓の外の風景など、懐かしさが蘇る。夜の向こうには、朝がある。

  • 14番目の月 さん

    語り口が柔らかで優しくとても癒やされました。

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    大人向きですね。夜汽車に乗って故郷に帰る。素敵な絵本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品