CD

第七作品集『無題』

downy

基本情報

カタログNo
:
RHEN0001
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

downy 7th Full Album 第七作品集『無題』

ギタリスト・青木裕が、死の直前まで向き合った音が込められたdowny7枚目のフルアルバム。新メンバーSUNNOVAの加入、そして自主レーベルを立ち上げ、変化し続けるバンドの最新作。


downyがついに3年半ぶりのフルアルバムをリリース。本作には2018年に他界した、ギタリスト青木裕が死の直前まで向き合った最後のギターの音が収録されている。本作からDAOKOや泉まくらなどのトラックメイキングなども担っているSUNNNOVA(Samlper/Synth)が正式メンバーとして加入。これまでの強靭なdownyサウンドに鮮やかな彩りを加え、これまでのdownyらしさを残しつつも、バンドとして大幅な変化を遂げた作品となっている。なお、本作はdownyが新しく立ち上げた自主レーベル「rhenium records」(レニウムレコーズ)からリリースされる。

<PROFILE>
2000年4月結成。メンバーに映像担当が在籍する、特異な形態をとる5人編成のロック・バンド。音楽と映像をセッションにより同期、融合させたライブスタイルの先駆け的存在とされ、独創的、革新的な音響空間を創り上げ、視聴覚に訴えかけるライブを演出。2004年に活動休止し、2013年に再始動。2014年にFUJIROCK FESTIVAL出演。2018年にギタリストの青木裕が逝去。2020年SUNNOVASamlper/Synth)の正式メンバーの加入を発表。

青木ロビン(Vo/Gt)は、zezecoとしての活動に加え、映画音楽制作、ゲストボーカルとしての参加、THE NOVEMBERS等のアーティストへの楽曲提供、アレンジ、プロデュースも手掛ける。仲俣和宏(Ba)はfresh!、YakYakYakとしても活動している。秋山タカヒコ(Dr)はセッションミュージシャンとして長きに渡り活躍しながら、THE MORTALやfresh!のメンバーとしても活動。また、ドラムイベント《DRUM Aドラム・アー》を主催し、セミナー等も積極的に行うなど、後進の育成にも力を入れている。石榴(VJ)はGLIM SPANKY 、JUNO REACTOR 、Shpongle、the HIATUS、ACID ANDROID、SHERBETS他、多数の公演映像演出を手掛け、国内外で活動している。そして2020年2月から正式メンバーとなった、SUNNOVA(Samlper/Synth)はDAOKO、泉まくらなどのトラックメイキングも担っている。


(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. コントラポスト
  • 02. 視界不良
  • 03. 36.2°
  • 04. good news
  • 05. 角砂糖
  • 06. ゼラニウム
  • 07. 砂上、燃ユ。残像
  • 08. pianoid
  • 09. 鮮やぐ視点
  • 10. adaptation
  • 11. stand alone

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品