CD

Zeno

Zeno (ジーノ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCP8051
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

ウリ・ロート(元スコーピオンズ)の弟、ジーノが在籍したことで知られるジーノの初CD化だ。ギターに兄ほどのインパクトは感じられないものの、透明感のあるヴォーカルとメロディ・ラインが美しく、完成度も高い。マニア垂涎のCD化なんだろうなぁ。(小)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
15
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
このリマスタ―効果は、素晴らしい! ベル...

投稿日:2010/10/12 (火)

このリマスタ―効果は、素晴らしい! ベルベットローズさんが言う通り、オリエンタルなメロディーが好きか嫌いかで、取っつき易さは変わってくるでしょう。事実、オリエンタル過ぎて、個人的に受け入れられない曲も数曲有るが“EASTERN SUN”“A LITTLE MORE LOVE”“LOVE WILL LOVE”の冒頭3曲のインパクトは凄い! 名盤には違いないし、年代を考えた場合、他のバンド達とは全く別のレベルにいた事は事実。しかし、必ずしも実力が有れば名声を得られる訳では無い、典型的な例になってしまった様な…。ただ、この3人でメジャー・レーベルと契約して、2年後位(88年頃)高品質の2ndが、出せていれば何か起きたかも。ボーナス・トラックの“HOW CAN I KNOW”この、明らかにUleが作ったであろうこの曲の詳細は? ただのOuttake? 素晴らしい曲だ!

0
★
★
★
★
★
当時どこか神秘的なジャケットに魅かれて購...

投稿日:2010/08/06 (金)

当時どこか神秘的なジャケットに魅かれて購入したレコードだったが、曲を聴いて驚愕した。これほどまでに美しいハードロックが存在するとは・・・。いや、音楽のジャンルなどを超越した普遍的美しさを持つ名盤である。オリエンタルな曲調を受け入れられるかで好みが分かれてしまうであろうが、このような個性的なメロディを作り上げるバンドは当時はなかった。その美しいメロディを歌い上げる儚げなハイトーンVoが、更なる感動を強力に与えてくれる。私に音楽の素晴らしさを教えてくれた作品のひとつである。このアルバムだけはレコードと、CDが再発される度に買い足している。こんな感動に出逢えるからこそ、ハードロックはやめられない。

ベルベットローズ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
えっ!これが86年リリース(デジリマとはいえ)と...

投稿日:2006/03/03 (金)

えっ!これが86年リリース(デジリマとはいえ)と驚き、桃の木、…。フレクシグの伸びやかなハイトーーン、ジーノの哀愁ギタープレイ、ウレ・リトゲンの職人技ベース当然全曲いい(捨て曲なし)です。艪ノもうれしい初期 Ver付き◎

テリー さん | 大阪府 | 不明

0

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品