Yann Tiersen (ヤン・ティルセン)

Yann Tiersen (ヤン・ティルセン) プロフィール

Yann Tiersen (ヤン・ティルセン) | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

■ プロフィール ■

ティルセンはブルターニュのブレストで生まれた。
幼い頃から音楽に強い興味を示し、レンヌ、ナント、そしてブーローニュの音楽学校でヴァイオリン、ピアノ、指揮を学ぶ。

1995年に「イシ・ダイユール」レーベルからアルバム「La valse des monstres (モンスターのワルツ」をリリースした。

「La valse des mosnstres」に続き、1996年にリリースされたのが「Rue des cascad es」。

このアルバムには、ティルセンの音楽にクレア・ピシェの流れるようなヴォーカルという組み合わせが2曲収録されている。

これはさらに新たなコラボレーションへと道を開いた。

第3作「Le phare」中の2曲、「モノクローム」と「Les bras de mer(海の両腕)」でドミニク・Aをヴォーカルに起用したのも驚くにはあたらない。ティルセン自身もアルバム最後の曲「L'effondrement(溺死)」で歌っている。 

2本の映画作品、エリック・ゾンカの「La vie revee des Anges」とアンドレ・テシネの「Alice et Martin」ではティルセンの音楽がそれぞれ一曲(「Rue des cascade s」と「La rupture」)採用された。

このおかげもあって、フランスにおけるヤン・ティルセンの評判は揺るぎないものとなっている。

%%message%%