LPレコード 輸入盤

White Music (200グラム重量盤レコード)

XTC (エックスティーシー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
APELP101
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

1978年発表のXTCのデビュー作が重量盤アナログレコードにてリイシュー。
発売当時の邦題は『気楽に行こうぜ』。パンク・ニューウェイブなサウンドを聞かせてくれます。

その他のバージョン

White Music のバージョン一覧へ

  • CD

    White Music

    ¥2,739 UK 盤 輸入盤 2012年10月22日発売

  • CD

    White Music

    ¥2,010 UK 盤 輸入盤 2014年07月15日発売

収録曲   

  • 01. Radios In Motion
  • 02. X Wires
  • 03. This Is Pop
  • 04. Do What You Do
  • 05. Statue Of Liberty
  • 06. All Along The Watch Tower
  • 07. Atom Age
  • 08. Set Myself On Fire
  • 09. I’m Bugged
  • 10. New Town Animal
  • 11. Spinning Top
  • 12. Neon Shuffle

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
U.K.王道ポップのイメージが強い彼らだが、この...

投稿日:2006/02/18 (土)

U.K.王道ポップのイメージが強い彼らだが、このデビュー作では彼らもまたPUNK/NEW WAVE期に登場したバンドであることを認識させられる弾けた内容が楽しい名盤。

lux さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
スピード感あふれる展開、どことなく漂うイ...

投稿日:1999/11/05 (金)

スピード感あふれる展開、どことなく漂うイギリス的なセンス・オブ・ユーモア、スカスカでチープなニュアンスを出した録音。次から次へと裏切られるような意外性が、たまらなく気持ちいい

Macy@brightcircle さん | Japan | 不明

0
★
★
★
★
☆
77年10月リリースのXTCデビュー作。...

投稿日:1999/11/05 (金)

77年10月リリースのXTCデビュー作。何を隠そう、XTCサウンドはここから始まった。はじけるようなリズム、変態的なキーボード、さらには場面転換が著しいスピード感あふれる展開、どことなく漂うイギリス的なセンス・オブ・ユーモア、スカスカでチープなニュアンス

Macy@brightcircle さん | Japan | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

XTC

パンクブーム絶頂期にあったイギリスのミュージック・シーンに突如現れたXTC。どの文献をみても、彼らは「ひねくれ者」と書かれている。風刺的で毒づいたユーモアのある歌詞然り、メロディーライン然り、「ひねくれ者」と言われるのにも納得できるが、そういった概念に捕らわれずだだ聴いていると、英語が判らない私としては全く気にならないのだ。

プロフィール詳細へ

XTCに関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品