CD 輸入盤

Live In Basel 1980 (2CD)

Woody Shaw (ウディ・ショウ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
EM5990432
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

<マイケル・カスクーナ・プロジェクト>
ウディ・ショウ 1980年スイス、バーゼル
Muse 盤のタイトルともなった<ラヴ・ダンス><ラウンド・ミッドナイト> など注目の演奏!
全9曲、未発表初出音源


またまたElementalから登場したウディ・ショウの未発表演奏集はやはり2枚組。こちらは、全9曲のうち8曲が1980年1月にバーゼルで収録されたライヴ・パフォーマンスで、70年代前半にアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズでショウの同僚だったサックス奏者カーター・ジェファーソンを加えたクインテットによる演奏となっています。リズム・セクションはラリー・ウィリス〜スタッフォード・ジェームス〜ヴィクター・ルイスという面々で、1979年の暮頃からショウの下で活動していた3人。ジェファーソンは1977年から再びショウと活動を共にしており、ショウの彼らとの演奏は、米コロムビア盤『For Sure!』などでも聴くことができますが、この5人のみによる録音はほとんどなく、とても貴重な発掘と言えましょう。
 8曲はいずれも甲乙つけ難いパフォーマンスですが、特に印象深いのがMuse盤のタイトルにもなっている〈ラヴ・ダンス〉と、上記デクス盤でも聴けた〈ラウンド・ミッドナイト〉。特に後者は、スロウなテンポでも異様なテンションを漲らせたショウのプレイが圧巻です。
 最後の1曲は、1981年6月にオーストリアのルステナウで行ったライヴ・パフォーマンスで、マルグリュー・ミラー、スタッフォード・ジェームス、トニー・リーダスというリズム・セクションのワン・ホーン・クァルテット(1981年録音の米コロムビア盤『United』と同一)によるスロウ・バラード演奏。アイデア豊富なミラーのソロも聴きものです。(輸入元情報)

メンバー:
Woody Shaw(tp, flh), Carter Jefferson(ts, ss), Larry Willis(p), Stafford James(b), Victor Lewis(ds)
Recorded live at Foyer Stadttheater, Basel, Switzerland, Wednesday, January 16, 1980.

* Bonus Track:
Woody Shaw(tp), Mulgrew Miller(p), Stafford James(b), Tony Reedus(ds)
Recorded live in Lustenau, Austria, June 20, 1981.

収録曲   

ディスク   1

  • 01. INVITATION
  • 02. SEVENTH AVENUE
  • 03. IN YOUR OWN SWEET WAY
  • 04. STEPPING STONE

ディスク   2

  • 01. LOVE DANCE
  • 02. 'ROUND MIDNIGHT
  • 03. TEOTIHUACAN
  • 04. THEME FOR MAXINE
  • 05. WE'LL BE TOGETHER AGAIN*

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Woody Shaw

アメリカ、ニュージャージー州出身のトランペット奏者。初レコーディングは1962年18歳でエリック・ドルフィーとの共演。60年代後半〜70年代にかけて、フレディ・ハバードと並ぶ実力派として注目される。

プロフィール詳細へ

Woody Shawに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品