CD 輸入盤(国内盤仕様)

Live At Onkel Po's Carnegie Hall, Hamburg 1979 1st Set (2CD)

Woody Shaw (ウディ・ショウ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKJ2015
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

ウディ・ショウ、この4人が揃ったクインテットはこの’79年夏のヨーロッパ・ツアーのみ
「Stepping stone」の烈火のようなソロ・バトルは激熱!!


1970年代から80年代半ばにかけて、ハンブルグ及び、ドイツ全土のジャズ・シーンの中心を占めていたOnkel Po’s Carnegie Hall でのライヴ音源を作品化するシリーズ。ウディ・ショウがクインテットを率いて1979年夏に行ったヨーロッパ・ツアー中、7月にハンブルクのクラブ“Onkel Po’s Carnegie Hall”で演奏した模様を収めた2枚組。
 このクラブでのウディ・ショウの演奏は、2年半後の1982年1月に収録されたアルバムも同シリーズからリリースされていますが、双方ともエキサイティングなパフォーマンスがぎっしりつまった充実の演奏。メンバーもサックスのカーター・ジェファーソンをはじめ、ウディが最も信頼していたミュージシャンが揃っており、それぞれの長尺のソロも聴きもの。特に、CD2に収録された「Stepping stone」での、烈火のようなショウとジェファーソンのソロ・バトルは、刃のように鋭く、最高にスピリチュアル。一方ではクロスオーバー・ジャズが盛んになる時代、自らの意思を貫く演奏家の気骨が感じられ、胸を打ちます。
 ジェファーソン、オナージ・アラン・ガムズ、スタッフォード・ジェームス、ヴィクター・ルイス、それぞれのメンバーは、みな数年に渡ってウディ・ショウのバンドのメンバーとして演奏していますが、4人が揃ってバックをつとめたのは1979年夏のヨーロッパ・ツアーのみ。このツアーからはこれまで、7月6日のイタリアでの演奏と、7月18日に同じハンブルクで開催されたNDRJazz Workshopでの演奏1曲だけしか聴けなかったので、フル・ステージの演奏ををじっくり楽しめるCDの登場は非常に貴重です。(輸入元情報)

メンバー:
Woody Shaw(tp, flh)
Carter Jefferson(ss, ts), Onaje Allan Gumbs(p), Stafford James(b), Victor Lewis(ds)

録音:1979年7月7日 ドイツハンブルグ オンケル・ポー・カーネギー・ホール
原盤CD / D.77070、LP / D.78070
日本語帯、解説付

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Some other blues(24:41)
  • 02. All the things you are(22:25)

ディスク   2

  • 01. Announcement (1:16)
  • 02. Stepping stone (12:09)
  • 03. In a capricornian way (14:47)
  • 04. It all comes back to you(18:59)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Woody Shaw

アメリカ、ニュージャージー州出身のトランペット奏者。初レコーディングは1962年18歳でエリック・ドルフィーとの共演。60年代後半〜70年代にかけて、フレディ・ハバードと並ぶ実力派として注目される。

プロフィール詳細へ

Woody Shawに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品