CD

Starkers In Tokyo

Whitesnake (ホワイト・スネイク)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCP50314
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

内容詳細

去る7月のプロモ来日時に、デイヴィッド・カヴァデール(vo)とエイドリアン・ヴァンデンバーグ(g)が、都内のスタジオで行なったアンプラグド・ライヴの実況盤。静かなアコースティック・ギターの演奏だけをバックに、カヴァデールの熱唱が響く好盤だ。(落)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
デイヴィッドは高い声で叫ぶのがお好きだが...

投稿日:2010/08/23 (月)

デイヴィッドは高い声で叫ぶのがお好きだが、私は中低音で渋く歌ってくれるほうが好き。

sabbath sabbath さん | 広島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
素晴らしい名演を収めたアルバムです。デヴ...

投稿日:2010/05/16 (日)

素晴らしい名演を収めたアルバムです。デヴィッドは、無理にハイ・トーンで歌わないほうがよいです。このアルバムでは、ハイ・トーンは使わず、ミドルレンジ中心のブルージーな声で、ハードロック界最高のヴォーカリストの面目躍如です。エイドリアンの抑えの効いた演奏も素晴らしいです。「Slip of the tongue」からの@とBは、「ヴァイでなければこうなる予定でした」という感じですね。CEGHと世紀の名曲の連発ですが、最後のIで涙が出るほど深い感動にひたれます。

ラッキーな男 さん | 鹿児島県 | 不明

0
★
★
★
★
★
デイヴィッド・カヴァーデイルのヴォーカル...

投稿日:2005/09/09 (金)

デイヴィッド・カヴァーデイルのヴォーカルが本当に味わい深いです。もともとGをはじめ、ラヴ・ソングも多いし、デイヴィッドのブルージーな歌声は、こういう雰囲気で曲の良さを引き出すのに最適です。個人的には、Cが非常に良いと感じました。実はホワイトスネイクの作品で1番聴いています。

パーリー・クイーン さん | 前橋 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Whitesnake

76年に第3期ディープ・パープルを脱退したデヴィッド・カヴァーデールはソロ活動を開始。77年に『ホワイトスネイク』、78年には『嵐の叫び』と2枚のソロ・アルバムを発表。その後ソロ・アルバムに関わっていたミッキー・ムーディーや元ディープ・パープルのジョン・ロードなどからなるバンド、ホワイトスネイクを結成。78年アルバム『トラブル』でデビューを果たした。

プロフィール詳細へ

Whitesnakeに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品