LPレコード 輸入盤

Echoes Of Indiana Avenue (45回転仕様/2枚組/180グラム重量盤レコード/Resonance)

Wes Montgomery (ウエス・モンゴメリー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HCD9011
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

驚嘆!ウエス・モンゴメリーの正真正銘の未発表音源の登場です。言わずもがなのギター・レジェンド、56〜58 年、故郷インディアナポリスでの録音の数々。情報も多々の現代、未発表音源のニュースも飛び交うことたびたびですが、ウエスの未発表は、ほとんど出ないもの。しかも、インディアナポリス時代の驚きの初期音源。大げさでなく驚異の登場です。


オープニングDi abl o' s Danceから、胸も踊る演奏。ピアノとユニゾンでスウィンギーにテーマを奏でる心地よさ。そしてブルージーにダイナミック、それでいて書いた譜面でもあるかのような絶妙な歌心で奏でられるソロも素晴らしすぎます。続く「ラウンド・ミッドナイト」はオルガンをバックにしてアーシーに、M-3「ストレート・ノー・チェイサー」は、ドラムレス、ピアノとの息のあった演奏が素晴らしく、ホレス・シルバーの言わずと知れた名曲「ニカズ・ドリーム」は哀愁感たっぷりに・・・。ご愛嬌?なラストの超泥くさブルースまで、全くに興味をそそってやまないものです。


構成は3 つ(1 =ピアノ、ベース、ドラムとのスタジオ録音。2 =オルガン、ドラムとのスタジオ録音。3 =カルテットでのライブ音源) から成されていますが、どの演奏もウエスのウエスたる演奏を聴くことができます。そして、あのオクターブ奏法もご機嫌!です。


56-58 年という時代は、ウエスにとって、リバーサイドとの契約前、ワールド・パシフィックの時代。その時期は本録音にも記録されているモンゴメリー・ブラザーズとしての活動で知られていたわけですが、一説では、ウエス自身メジャーデビュー後のインタビューで、「インデイアナポリスで演っていた頃のほうがもっと巧く弾けていたんだ」と語ったこともあったのだとか。そして、このインディアナポリスで、59 年キャノンボール・アダレイの感動を呼び、推薦をもって、ウエスはリバーサイドとの契約を締結するに至るのです。


* エグゼクティヴ・プロデューサーはレーベルオーナーのジョージ・クラヴィンと共にマイケル・カスクーナ。
* インディアナポリス時代を物語る初出の写真満載
* ライナーには、そのカスクーナ、デヴィッド・ベイカー、そして、パット・マルティーノ!まで。24 頁のオリジナルブックレット。


Wes Montgomery(g), Monk Montgomery(b-M3), Buddy Montgomery(p-M3), Mingo Jones(b- M6〜9), Earl Van Riper(p-M6 〜9), Sonny Johnson(ds-M6, 7 & 8), Melvin Rhyne(p-M1 & 4, org-M2 & 5), Paul Parker(ds-M1, 2, 4 & 5) Unknown bassist (1 & 4)


*アナログ・レコードは。全世界1000 枚限定。45回転2 枚組み/オーディオ・ファン垂涎の高音質盤。しかもマスタリングは、あのバーニー・グランドマン。180g重量盤LP。手書きシリアル・ナンバー付。見開き型ダブル・ジャケット。LPのライナーも未発表フォトを満載した4 頁構成クールなデザイン。

収録曲   

SideA

  • 01. Diablo's Dance (S. Rogers)
  • 02. Round Midnight (T. Monk)

SideB

  • 03. Straight No Chaser (T. Monk)
  • 04. Nica's Dream (H. Silver)

SideC

  • 05. Darn That Dream (DeLange, Van Heusen)
  • 06. Take the A Train (B. Strayhorn)

SideD

  • 07. Misty(E. Garner)
  • 08. Body and Soul (Green, Heyman)
  • 09. After Hours Blues (Improvisation)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Wes Montgomery

ウエス・モンゴメリーはオクターブ奏法を完成させ、ジャズギターを大衆化した人気ギタリスト。しかし、経済的にはなかなか恵まれなかった。近年、ウエスの大衆路線の作品が若い新しいファンに聴かれ、ウエスの人気は復活しつつある。その根底にあるのはウエスの演奏が持つ「歌心」と「暖かい音色」だろう。心をほっとさせる“カリフォルニア・ドリーミング”の演奏は永遠に不滅だ。

プロフィール詳細へ

Wes Montgomeryに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品