CD

Toomorrow

Wagon Christ (ワゴンクライスト)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BRC284
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
2ボーナストラック

商品説明

これまでワゴン・クライスト、ケリア・ディストリクト、プラグ等といった様々な名義を使い分け、<Mo’Wax><Ninja Tune><Warp><Rephlex><Planet Mu><Rising High>など、90年代以降の主要テクノ/クラブレーベルから多くの作品をリリースし、音楽の可能性を徹底的に追求してきた音楽の魔術師ルーク・ヴァイバート。リミキサーとしての評価も高くエイフェックス・ツインをはじめ、トータス、ナイン・ インチ・ネイルズ、武村延和、ジェントル・ピープルといった幅広いアーティストから支持され続けている彼が、2004年以来7年ぶりに久々のワゴン・クライスト名義でのリリースとなるアルバムが完成。
彼の個性をアルバム全編に散りばめた傑作となっている本作は、目が回るほど多種多様なサンプルを駆使し、360度あらゆる方向に広がっていくサウンドは、今までになくバラエティ豊かでポップな世界に仕上がっている。ディープなベースラインと特徴的なキーボード・サンドが脳を揺さぶる「MANALYZE THIS!」、ア・トライブ・コールド・クエストの未発表作品を聴いているかのような「AIN’T HE HEAVY, HES MY BROTHER」。「ACCORDIAN MCSHANE」はキャッチーなオーケストラ・サウンドで始まり、幾重にも重なって展開するシンセラインが聴く者を酔わせる。そしてドリーミーでポップなグルーヴが心地良い「HARMONEY」 等、ブレイク・ビーツやヒップ・ホップ、ジャズやファンクそしてディスコやハウスなど、様々なジャンルのテイストを持った色とりどりの楽曲をバランス良く組み合わせ、独自のスタイルを構築し、一つの作品として見事に纏め上げている。今もなお彼の音楽に対する探求心は衰えることなく、更に音楽の可能性を広げて見せ、シーンにおいて彼が最重要人物であるという事を改めて証明したアルバムといっても過言ではない。

<メーカ−資料より>

収録曲   

  • 01. INTROFUNKTION
  • 02. TOOMORROW
  • 03. MANALYZE THIS!
  • 04. AIN’T HE HEAVY, HE’S MY BROTHER
  • 05. ACCORDIAN MCSHANE
  • 06. MY LONELY SCENE
  • 07. RESPECTRUM
  • 08. RENNIE CODGERS
  • 09. OH, I’M TIRED
  • 10. WAKE UP
  • 11. LAZER DICK
  • 12. SENTIMENTAL HARDCORE
  • 13. CHUNKOTHY
  • 14. HARMONEY
  • 15. MR MUKATSUKU
  • 16. DEEP DOWN *Bonus Track for Japan
  • 17. MAMAN *Bonus Track for Japan

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Wagon Christに関連するトピックス

  • HMVインタビュー: Wagon Christ Wagon Christ名義では実に7年ぶりとなるニューアルバムを<NINJA TUNE>よりリリースする、Luke... HMV&BOOKS online|2011年02月24日 (木) 18:00
    HMVインタビュー: Wagon Christ

ハウス/クラブミュージック に関連する商品情報

おすすめの商品