CD

おんなのこがわらう時

WATER WATER CAMEL

基本情報

カタログNo
:
PCD93551
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

うた、音、そしてそのすき間から、得も言えぬ叙情が零れ落ちてくる……。音楽のすばらしさ、力強さをあらためて感じさせてくれるバンド、WATER WATER CAMEL が自信を持って贈る4th アルバム!

美しい映画のエンドロールの、希望と愛おしさが混在する静寂。生まれてこのかた、僕らの身体にぽっかり空いた穴を埋めるような、そういう静寂が、このアルバムにはある。

■これまでに3 枚のアルバムをリリースし、ライヴハウス・シーンはまた違った独自の活動で日本全国にネットワークとファン・ベースを築いてきたトリオ、WATER WATER CAMEL が放つ3 年ぶりのオリジナル・フル・アルバム!
■あらゆる面でこれまでとは違ったことをやりたいという意志の下で完成させた、WWC 史上最高に“ロック”なアルバム!
■アコギとピアノのみでひっそりと幕を開け、エンディングに向けて感動的な盛り上がりを見せるPV 制作予定曲M1、どこかザ・バンドを彷彿させる、ホーンを配したM4、淡々としていながらも、途方もなく味わい深い目玉曲のひとつM6(これもどことなくザ・バンドを思わせる)、オーケストラルな展開がすばらしいM9 等、名曲揃い!
■ M7、8、11 ではこれまでになく“ロック”な一面を見せる。とりわけ、アルバム・タイトル曲でもあるクロージング・ナンバー、M11 は壮大ささえ感じさせるロック・バラードで、そのココロ染み入り度合は尋常ではない。
■トレードマークであるうた、歌心、心和むサウンドを根底にしつつも、さらなる前進を遂げたWWC の最高傑作!
■アートワークもこれまでとは一味違う! 乞うご期待!

●ゲスト:コトリンゴ、森ゆに、PoPoyans 他

< WATER WATER CAMEL >
1995 年に中学のクラスメイトで結成された日本のロック・バンド。メンバーは齋藤キャメル(voice & acoustic guitar)、田辺玄(guitar, ukulele, banjo & effects)、須藤剛志(wood & electric bass)。楽曲の制作から録音編集、また多彩なイベントの企画等を10 代の頃から自ら行い、そういった長年に及ぶインディペンデントな活動は、人と場所に密接であり、自由である。独自の強力なネットワークで小学校、洋裁学校、植物園、本屋、お寺など、異色のステージを網羅し、日本各地の文化を担う人々を惹き付けている。メンバー個人の活動も多彩であり、齋藤キャメルは山梨のカフェのオーナー兼シェフであり、傍らTVCM の楽曲提供なども行っている。田辺玄はCM、Web 等の音楽制作や、演奏家、レコーディング・エンジニアとして多くのアーティストの作品制作に関わっている。須藤剛志も演奏家として、多数のアーティストのLIVE サポート、レコーディングに参加。また機材マニアであり、特にケーブルは自ら製作しWATER WATER CAMEL が録音やライヴで使用するケーブルはすべて彼の自作である。

内容詳細

植物園や小学校や本屋でもライヴを行なっているという3人組の4作目。アコースティックで柔らかなニュアンスのサウンドは耳に心地よく、バンジョーやウクレレの使用も効果的。朴訥としたヴォーカルには独特の色香があってクセになる。突出した個性こそないが良質なポップスだ。(有)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品