CD

Progression

Vitalij Kuprij (クープリ ビタリ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MICP11594
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

かつてアーテンションやリング・オヴ・ファイア等で華麗なプレイを見せたことでも知られる孤高のキーボーディスト、ヴィタリ・クープリの12年ぶりとなるニュー・アルバム!

ウクライナ出身。幼少の頃より父親の影響によりクラシック・ピアニストの道を歩み、ショパン・コンクール(旧ソ連)最年少1位記録、キエフ音楽院コンクール金賞等の輝かしい実績を持つ。その一方でロック、特にネオクラシカル・メタルから多大なる影響を受け、ロジャー・スタッフルバッハ(G)との出会いを契機にアーテンションを結成。超絶技巧を駆使したそのネオクラシカル・メタルが大きな話題となる。また、マーク・ボールズのソロ・アルバムへの参加を契機にリング・オヴ・ファイアにも参加する。これらの活動を並行してソロ・プレーヤーとしてクラシックとロックの両面からこれまで7枚のソロ・アルバムを発表。また、フェリーノ・リール・クープリやヴィタリ・クープリズ・リヴェンジといったプロジェクトでもアルバムを制作。近年はSAVATAGEのジョン・オリヴァとSAVATAGEのプロデューサーの故ポール・オニールが立ち上げ、全米でも上位の興行成績を持つとされるプロジェクトTRANS-SIBERIAN ORCHESTRAへ参加をはじめ複数のプロジェクトへ参加するなど、音楽への情熱と技術は一向に衰えることを知らない。

クラシック・ピアノ・ソロ作となった「12マンツ・オヴ・ザ・イヤー」(2008年)以来となるソロ・アルバムとなる。本作は構想から完成までに約10年を費やし、ゲストに多くのテクニカル・ギタリストを迎えたインストゥルメンタル・ロック・アルバムを制作。アーテンションのギタリストだったロジャー・スタッフルバッハを迎え、アーテンションを彷彿させる楽曲も収録されている。

ロジャー・スタッフルバッハの他、ビル・ハドソン(ノーステイル)、クリスチャン・ミュンツナー(エタニティーズ・エンド他)、マイケル・ハリス、ハヴィア・リール(フェリーノ・リール・クープリ)他といったテクニカル・ギタリストが多数参加。リズム隊は過去のヴィタリのアルバムにも参加経験のあるデイヴ・ナカレリ(B)とジョン・ドーマン(Ds)。スリリングな演奏を堪能できる。

近年は自身が中心となって作品を制作することがなく、ヴィタリ自身では12年ぶり、ヴィタリが制作するロック・アルバムとしては『グレイシャル・インフェルノ』(2007年)以来13年ぶり。彼の本領発揮と言わんばかりのテクニカル・ギタリストとの強烈な高速プレイ等が楽しめる作品に仕上がっている。

※マーキー/アヴァロン・インフォメーションより

収録曲   

  • 01. INTERNAL FORCE
  • 02. DANSANITY
  • 03. REVOLUTION / EVOLUTION
  • 04. SINFONIETTA
  • 05. WHISPERS FROM BEYOND
  • 06. PROGRESSION
  • 07. REMEMBRANCE
  • 08. POWER OF GOD
  • 09. PROGRESSION (REPRISE)
  • 10. FACING THE END
  • 11. FUR ELISE [BONUS TRACK]

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Vitalij Kuprijに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品