CD

ビオラは歌う〜ヴィオラによる小品集 須田祥子、松本望

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MF25901
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

須田祥子ファースト・アルバム/ビオラは歌う

槇原敬之の「ビオラは歌う」を収録
ブラームス、プッチーニ、ヒンデミット、ピアソラなど、多彩な曲目

須田祥子はヴィオラを歌わせたら日本屈指の実力を持ち、多種で色彩感ある音色を持つ稀有なヴィオリストです。ヴィオラの特色を余すところなく生かすべく、このCDは、ひとつのコンサートのように多彩な内容で構成されています。
 作曲家の生まれた順に曲が配置され、出身国もヴァラエティに富んだ選曲になっています。アルバムはブラームスの歌曲からスタートし、プッチーニのオペラ・アリアへとつづきます。
 プログラムの中心には、ヒンデミットのヴィオラ・ソナタを据えています。ヒンデミットはヴィオラの名手で、ヴィオラの作品を多く残していますが、ヴィオラ・ソナタは比較的初期の作品で、ロマンティックな要素を残しています。「ヴィオラを知り尽くした人の作品なので、指が並ぶように書かれていて、ストレスがない」と。しかも、須田が弾いているのは、ヒンデミットが実際に使っていたヴィオラと弓であり、このソナタを弾いていると「楽器と弓が演奏を導いてくれる」と須田は語っています。
 ピアソラの『2つの小品』は、1949年(28歳)の作品で、しかも、ピアソラが作曲した唯一のヴィオラのオリジナル作品です。
 アルバムの最後には美しいメロディーと、優しいメッセージで日本を代表するシンガーソングライター、槇原敬之『ビオラは歌う』が収録されています。『ビオラは歌う』は、NHK-TVの「みんなのうた」のために槇原により作詞、作曲そして歌われたものです。オーケストラの中で存在感が薄いと思われていたビオラが、いないと何か調子がでず、一緒に演奏してみて、実は他の楽器を活かし、支える役回りだったということを知る。そのことを通して「人は他の人を支え、輝かせて、誰かの為になれる事が、とっても幸せなことだ」というメッセージを歌い上げた曲です。
 『ビオラは歌う』はこのCDのタイトルにもなっており、須田の生き方とも重なります。(Molto Fine)

【収録情報】
・ブラームス:歌の調べのように op.105-1
・ブラームス:わが恋は緑 op.63-5
・ブラームス:5月の夜 op.43-2
・プッチーニ:冷たき手を(歌劇『ボエーム』より)
・プッチーニ:歌に生き、恋に生き(歌劇『トスカ』より)
・プッチーニ:誰も寝てはならぬ(歌劇『トゥーランドット』より)
・ヒンデミット:ヴィオラ・ソナタ op.11-4
・ミヨー:ヴィオラ・ソナタ第1番〜アントレ
・ピアソラ:2つの小品(夜/タングアーノ)
・槇原敬之:ビオラは歌う

 須田祥子(ヴィオラ)
 松本 望(ピアノ)

 録音時期:2013年8月28,29日
 録音場所:神奈川県立相模湖交流センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

【須田祥子(すだ さちこ)】
4才で桐朋学園子供のための音楽教室に入室。6才よりヴァイオリンを始める。 桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学在学中にヴィオラに転向。1998年同大学を首席で卒業後、洗足学園大学音楽総合研究所「ソリストコース」特別研究員の履修を修了。第23回プレミオ・ヴィットリオ・グイ賞国際コンクール、第2回淡路島しづかホールヴィオラコンクールなど4つのコンクール全てにおいて第1位優勝。これまでにヴァイオリンを室谷高廣氏に、ヴィオラと室内楽を岡田伸夫氏に師事。現在、東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者、仙台フィルハーモニー管弦楽団首席客演奏者、洗足学園大学非常勤講師。
 皇居内御前演奏会をはじめ、これまでに小澤征爾オペラプロジェクト、宮崎音楽祭等に参加しているほか、水戸室内管弦楽団、鎌倉芸術館ゾリスデン、サイトウ・キネン・オーケストラには度々出演。また、全国各地のオーケストラで首席奏者として客演する機会も多く、ソロ、室内楽、オーケストラなど幅広い分野で活躍している。 2008年には「友情の架け橋コンサート」に於いてチョン・ミョンフンと室内楽で共演するなど、彼が最も信頼するアーティストのひとりである。(Molto Fine)

内容詳細

標題曲は、NHK教育『みんなのうた』でも紹介された槇原敬之の作品。これに引っかけて、須田が“歌うヴィオリスト”であリ、ヴィオラが大いに歌える楽器であることをアピール。東京フィルの首席だけには収まり切れない、彼女の自由闊達な音楽性が聴き手を引き付ける。続編も希望。(堀)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
何という艶やかな音色、歌い回し。ヴィオラ...

投稿日:2014/06/11 (水)

何という艶やかな音色、歌い回し。ヴィオラ特有のぞくぞくする低音から、胸がいっぱいになる中高音の美しさ。その音を駆使した表現力の素晴らしさ。歌手の顔色を失わせる歌曲の小品から、凄味、迫力たっぷりのヒンデミット等。ヒンデミットのソナタはこんなに魅力的な作品だったのだ。録音の良さも特筆したい。奏者の息遣い、演奏ノイズも生々しい臨場感があり好ましい。ピアノがヴィオラの後ろに定位し、暖かく、切れ味、迫力も十分。豊かな低音、歯切れの良い高音も見事。眼前の演奏だがうるさく感じるところは一つもなく、自然さとリアルさが両立している傑作である。次回作も是非。ブラームス、ヒンデミット等々、待望しています。

a &vマニア さん | 東京都 | 不明

1

器楽曲 に関連する商品情報

  • ポリーニ/ショパン:ピアノ・ソナタ第3番、マズルカ第33〜35番、他 2018年5月録音。ポリーニの最新録音は、ショパンの夜想曲第15・16番、マズルカ第33・34・35番、子守歌Op.57、ピアノ・ソナタ第3番です。 HMV&BOOKS online|17時間前
  • ホルヘ・ボレット RIAS録音集 第3集(3CD) ボレット全盛期1960〜70年代の貴重な記録で、ゴドフスキの『こうもり』以外は世界初出。当時最先端だった西ドイツの放送局のクオリティにより奇跡的な状態で収録されていました。それを「audite」社主ベッケンホーフが細心のマスタリング技術で、見事な音質に蘇らせました。 HMV&BOOKS online|5日前
  • 小菅優/『Four Elements Vol.1: Water』 このアルバムは、2017年から小菅優が取り組んでいるコンサート・シリーズ「Four Elements(四元素:水・火・風・大地)」の第1作となる「水」をテーマにしたプログラムのスタジオ録音です。メンデルスゾーンとフォーレ、ショパンの舟歌や、武満徹の『雨の樹素描』の他、ラヴェル、リスト、藤倉大による多彩な水の形を描いた作品を収録しています。 HMV&BOOKS online|7日前
  • スドビン/ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番、第32番 SACDハイブリッド盤。繊細にして強靭なピアニズムが魅力のBISレーベルの看板アーティスト、エフゲニー・スドビン。ベートーヴェン作品ではピアノ協奏曲は全曲録音がありましたが、ピアノ独奏作品は初めての録音となります。 HMV&BOOKS online|7日前
  • INA所蔵のRTF音源から復刻!『リパッティ最後のリサイタル』 今や伝説として語り継がれるリパッティ最後のリサイタルはEMI(現ワーナー)等で発売されてきましたが、今回INAでRTF音源のオリジナル・マスター・テープが偶然発見され、復刻されます。アナウンスと指鳴らし(Presentation et arpeges)も全て収録。 HMV&BOOKS online|5日前
  • ジョナス・ヴィトー、他/ドビュッシー:若き日の作品集 研ぎ澄まされた音色と迷いのない音楽、そして歌心にあふれたフランスのピアニスト、ヴィトーによるドビュッシー。ソロ曲から連弾、さらには歌曲、そしてオーケストラを伴う作品まで、ドビュッシーの若き日の作品を収録。 HMV&BOOKS online|2018年11月26日(月)

おすすめの商品