CD

ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ、シューベルト:アルペッジョーネ・ソナタ、パールトシュ:イズコール アミハイ・グロス、キム・ソヌク(日本語解説付)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
NYCX10166
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

日本語解説付き
ベルリン・フィルの名手が描く、ヴィオラの奥深い魅力


ベルリン・フィルの首席ヴィオラ奏者、エルサレム出身のアミハイ・グロスによるソロ・アルバムが登場。ピアノを韓国出身の俊英キム・ソヌクが務めていることも注目です。
 ハンガリーのユダヤ人作曲家エデン・パールトシュ(パールトシュ・エデン)[1907-1977]による『イズコール(Yizkor)』は、ヘブライ語の「思い出」から取られたユダヤの祈りの言葉をタイトルとしており、これは現代ではホロコーストの犠牲者たちを追悼する意味合いを持ちます。深い祈りと強い想いを感じさせるこの作品に、グロスは深い共感を寄せた演奏を披露しています。広く親しまれる『アルペジョーネ・ソナタ』では、その特徴であるシューベルトならではの美しい歌謡性を存分に味わうことの出来る、軽やかで歌心溢れる表情を聴かせています。そしてショスタコーヴィチ最後の作品となった『ヴィオラ・ソナタ』は、謎の多いこの作品の深淵を覗き込むような奥行きのある表現で魅了します。一般に地味な印象の強いヴィオラですが、その多彩な顔を様々見せて楽器の魅力を存分に味わうことの出来る、名手ならではのアルバムです。(輸入元情報)

【収録情報】
● パールトシュ:イズコール(追悼)
● シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ イ短調 D.821
● ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ ハ長調 Op.147


 アミハイ・グロス(ヴィオラ)
 キム・ソヌク(ピアノ)

 録音時期:2019年9月
 録音場所:ベルリン、テルデックス・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 輸入盤国内仕様(日本語解説付き)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品