LPレコード 輸入盤

Uneasy (2枚組/180グラム重量盤レコード)

Vijay Iyer (ビジェイ・イヤー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
3536241
組み枚数
:
2
レーベル
:
Ecm
:
International
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

商品説明

ヴィジェイ・アイヤーのECMトリオ作品2作目、リーダー作としては通算7作目の作品の登場。ひとつのアイデアが別のアイデアを生み出し、形を変えながら、次のアルバムから次のアルバムへと境界線を押し広げ続けているヴィジェイのユニークな音楽的アプローチは多くの賞賛を得ており、ニューヨーク・タイムズ紙は彼の人格を「社会的良心、マルチメディア・コラボレーター、システム・ビルダー、ラプソディスト、歴史的思想家、そして多文化への入り口」とまとめている。本作は2019年1年を通して一緒に演奏してきたトリオの初のスタジオ録音作品。 「UnEasy」は、2011年にVijayと振付師Karole Armitageのダンスカンパニーとの間で企画されたダンスプロジェクトの名前で、そのタイトルが暗示するパラドックスの上に構築されており、10年後の世界と不安の時代へと深く入り込んだ脅威の雰囲気を暗示している。本作では、20年の歳月をかけて作曲された8曲のVijayのオリジナル曲に、Cole Porterの "Night And Day "とGeri Allenの "Drummer Song "を収録。後者はクレイグ・テイボーンとの共演作「The Transitory Poems」(アレンの「When Kabuya Dances」で終わる)に続く2枚目のジェリ・アレンの曲。ライナーノートの中で、Vijayは「今日、"不安 "という言葉は、激動の時代にしてはあまりにも穏やかで、残忍な控えめな表現のように感じられる。しかし、この言葉にはそれとは正反対のものが含まれているので、最も落ち着きのある癒しの音楽は、しばしば深い不安から生まれ、その中に位置していることを思い出させてくれるのかもしれません」と書いている。
【パーソネル】Vijay Iyer(p) Linda May Han Oh(double bass) Tyshawn Sorey(ds)

(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Children Of Flint
  • 02. Combat Breathing
  • 03. Night And Day
  • 04. Touba
  • 05. Drummer’s Song

ディスク   2

  • 01. Augury
  • 02. Configurations
  • 03. Uneasy
  • 04. Retrofit
  • 05. Entrustment

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品