SHM-CD

Songs Of Experience <SHM-CD/紙ジャケット>

U2 (ユーツー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICI9069
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD
その他
:
限定盤

商品説明

【日本限定発売】【完全生産限定盤】【SHM-CD】【解説/歌詞対訳付】
発売1周年を記念して、最新作「ソングス・オブ・エクスペリエンス」を世界初紙ジャケット&高音質SHM-CDでリリース!

■2017年9月に発売した、U2の13枚のスタジオ・アルバムの超待望・史上初の紙ジャケ&SHM-CDシリーズ好調につき、最新作も発売決定!
■「ソングス・オブ・エクスペリエンス」は2017年発表14枚目のスタジオ・アルバム。U2にとって8枚目の全米1位アルバムとなり、1980年代、1990年代、2000年代、2010年代の作品がすべて全米1位を獲得するというビルボード・アルバム・チャート史上グループとして初の快挙を果たした。
現在本作のワールド・ツアー中。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

U2の14thアルバム。2014年の『ソングス・オブ・イノセンス』と対になる作品で、シングル曲「ゲット・アウト・オブ・ユア・オウン・ウェイ」をはじめ、ボノ(vo)の心に近い場所や親しい人たちに宛てたような曲が集められている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. ラヴ・イズ・オール・ウィ・ハヴ・レフト
  • 02. ライツ・オブ・ホーム
  • 03. ベスト・シング
  • 04. ゲット・アウト・オブ・ユア・オウン・ウェイ
  • 05. アメリカン・ソウル
  • 06. サマー・オブ・ラヴ
  • 07. レッド・フラッグ・デイ
  • 08. ザ・ショウマン(リトル・モア・ベター)
  • 09. ザ・リトル・シングス・ザット・ギヴ・ユー・アウェイ
  • 10. ランドレディ
  • 11. ザ・ブラックアウト
  • 12. ラヴ・イズ・ビガー・ザン・エニシング・イン・イッツ・ウェイ
  • 13. 13(ゼア・イズ・ア・ライト)
  • 14. オーディナリー・ラヴ (エクストラオーディナリー・ミックス) (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
  • 15. ブック・オブ・ユア・ハート (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
  • 16. ライツ・オブ・ホーム (セント・ピーターズ・ストリング・ヴァージョン) (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
  • 17. ベスト・シング (日本盤&海外デラックス盤ボーナス・トラック)
  • 18. ザ・ブラックアウト (ジャックナイフ・リー・リミックス) (日本盤ボーナス・トラック)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
レジェンドになりたくないアルバム   U2...

投稿日:2021/03/09 (火)

レジェンドになりたくないアルバム   U2もキャリア的にはそろそろ今の音楽には魂がない的なことを言って大御所になりがちな年代なのですが、エッジ先生はそういうの嫌なようです   全身全霊で古臭くならないよう努力した様子です     そのため、ボノとエッジ的に、お互いが傷つきそうなこともかまわずにむしろ敢えてやった感じです   具体的に言うと、声にボコーダーかけて若返らせちゃったり、アレンジを若い人に任せてみたり   ジャケットも若返らせてるので、ある意味詐欺的ですね   そんなわけで徹底的な若作りアルバムなんですけど、私は好きです   ボーナストラックは「もっとU2っぽい曲はないの?U2っぽい曲が聴きたいよ」 というファンの要望に応える感じの曲なので、昔からのファンはデラックス版を買いましょう   

hikari さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
この歳になってこのような若々しいサウンド...

投稿日:2021/02/24 (水)

この歳になってこのような若々しいサウンドのアルバムを出してくるとは思っていなかった。歌詞に関しては、歳を重ねてきたからこそ書けるものだろう。まだまだ現役であることを感じさせるアルバムとなっている。

kenny さん | 不明 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

U2

U2は1976年夏にアイルランドで結成された。きっかけはダブリンにあるマウント・テンプル・スクールに通っていたラリー(ラリー・ミューレン、ds. / 1961年10月31日生)が学校の掲示板に出したメンバー募集だった。その募集をきっかけに結成された。

プロフィール詳細へ

U2に関連するトピックス

おすすめの商品