CD

Pop

U2 (ユーツー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UICY79039
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
期間限定盤

商品説明

ハウイー・Bをプロデューサーに迎えた9作目は、90年代を通してテーマとしてきた最新テクノロジーとの融合を集大成したような作品。テクノやブレイクビーツなどのビートを大胆に取り入れた冒頭3曲は特に強烈。(1997年発表)

■期間限定廉価盤


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

『アクトン・ベイビー』『ZOOROPA』での顕著な実験精神の展開形となった97年作品。爆笑ビデオもステキなヒット・シングル「ディスコテック」をはじめ、ポップとロックがU2的に融合した傑作だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
24
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
U2と言えばWarであってJoshuaは苦手。では...

投稿日:2010/10/10 (日)

U2と言えばWarであってJoshuaは苦手。ではこの作品は?もちろん◎最高。

Yongus Aung さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
☆
'97年発表。メタリックなリズムに続くラリーのドラミング。...

投稿日:2009/08/30 (日)

'97年発表。メタリックなリズムに続くラリーのドラミング。トリップホップ的なシンセ・ベースがうなり、泣き声にも似たノイズが横切る中を響く、許しを乞うようなボノの歌声-このBが異常にカッコいい。 テクノ、ヒップホップ、トリップホップ、ローファイ……「アクトン・ベイビー」「ZOOROPA」と、斬新でハイパーなダンス・ナンバーを生み出してきたU2のアブストラクト(=実験)期(「アトミック・ハート」以降のMr.Childrenが、この間のU2にみなぎっている冒険心に強く影響されているのは、おそらく間違いない)の完結作である。素晴らしいパートナーシップの続くフラッド、そしてハウイー・Bといった先鋭派のクリエイターたちと作られた本作は、フィジカルなロック・サウンドとサンプリングやプログラミングによるデジタル音のせめぎ合いが最高にスリリングな1枚となった。 そして注目は、C以降のミディアム〜スローのナンバー。新たな挑戦を繰り返しながら"僕たちはどこへ行くんだろう"と歌うボノ、その不安な思いを刻むように響くエモーショナルなエッジのギター。もはや時代はロックンローラーの脳天気なシャウトを簡単に許してくれないのである。2000年代の新たなロックを手中にできるのは、きっとこのアルバムを踏み越えていける者である。

0
★
★
★
☆
☆
『Zooropa』を聴いた時は本気で”このバン...

投稿日:2009/05/31 (日)

『Zooropa』を聴いた時は本気で”このバンド、このままおかしくなってしまうのか?”と心配しましたが、その心配が“半分”だけ解決されたアルバム。 要は”まともな曲”がアルバムの「半分」でしたから。。。 でも今思えばU2流のやりかた(つまり本気を出さない事)で90年代という最も音楽が不毛だった10年を最小限の体力で生き延びた、という賢い方法論だったんですよね。手抜きしても”全米1位”は獲ったのですから。 事実、2000年代突入と同時に発表された次作での「80年代へのフィードバックぶり」は本気でしたもの!

bonovox さん | 福岡県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

U2

U2は1976年夏にアイルランドで結成された。きっかけはダブリンにあるマウント・テンプル・スクールに通っていたラリー(ラリー・ミューレン、ds. / 1961年10月31日生)が学校の掲示板に出したメンバー募集だった。その募集をきっかけに結成された。

プロフィール詳細へ

U2に関連するトピックス

おすすめの商品