CD 輸入盤

Boy

U2 (ユーツー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IMCD211
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
1980
フォーマット
:
CD

商品説明

1976年、アイルランドで結成されたU2。学生バンドの延長としてスタートした彼らは、1980年発表のこのデビュー・アルバムでイギリスで注目を浴びるようになった。この一枚だけでも初期U2の独自のサウンド、アティチュードが伝わってくるほど、ここには彼らのオリジナルなサウンド、がむしゃな雰囲気がある。スティーヴ・リリーホワイトのプロデュースによるひんやりとした質感/リリカルな味と、エッジの鋭角で金属質なギター、ボノのエモーショナルなヴォーカル、ベースとドラムの素人臭い勢い、パンク譲りの疾走感に溢れた音が初期U2のイメージを決定した。”アイ・ウィル・フォロウ”、”エレクトリック・コ”など収録。オリジナル英盤は同郷のヴァージン・プルーンズのメンバーの弟の美しいポートレイトが使用されていたが、アメリカでは幼児虐待を連想させるとして差し替え。CD時代になってもそれは続いている。

その他のバージョン

Boy のバージョン一覧へ

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
パンキッシュな@で幕を開けるデビューアル...

投稿日:2021/07/17 (土)

パンキッシュな@で幕を開けるデビューアルバムであるが、演奏はまだまだ荒削り。曲も出来にバラつきがあるが、後々までライブで演奏される曲があるので、バンドとしても思い入れがあるアルバムなのだと思う。

えっじ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
Joydivisionになりたかった人達が。  1st...

投稿日:2021/02/23 (火)

Joydivisionになりたかった人達が。  1stと2ndはU2に興味がない人にもおすすめです。  JoydivisionになりたくてなれなかったU2ですが、なれなかったその後を知ったうえでこの作品を今聴くと大変興味深いと思います。  あーこれがああなってこうなるのかーと現在の位置から俯瞰的に聞いてもいいし、単純に80年代ニューウェーブの佳作として聞いてもいい。  とても興味深い作品です。  

hikari さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
U2がデビューした時はお気に入りのバンドで...

投稿日:2013/02/01 (金)

U2がデビューした時はお気に入りのバンドでしたが「The Unforgettable Fire」を最後にお付き合いをしなくなってました。もちろんレコードで聴いた世代ですが、装丁もきれいだしオマケDiskにも興味があって「Boy」から「Achtung Baby」までのスタジオ6作品を一気に2枚組のDeluxe盤で購入して聴いてみました。 1stからはビッグになった現在の彼らの姿を想像できるものは何もありません。ショービズとは無関係に思えるナイーヴな青年達がひたすら自己表現を模索している姿だけがあります。時に力強く大胆に、時にせつなくなるほど繊細に、作品に取り組んでいます。 オマケは所詮オマケ。不要でした。本編には人の気持ちを揺さぶる音楽が生まれる瞬間が刻まれてます。Sリリーホワイト、お見事。バンドのピュアな時間を見事に切り取ったアルバムに仕上げてくれました。

redfodera さん | 不明 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

U2

U2は1976年夏にアイルランドで結成された。きっかけはダブリンにあるマウント・テンプル・スクールに通っていたラリー(ラリー・ミューレン、ds. / 1961年10月31日生)が学校の掲示板に出したメンバー募集だった。その募集をきっかけに結成された。

プロフィール詳細へ

U2に関連するトピックス

おすすめの商品