CD

モーリス・アンドレ 若き日の映画音楽・ヒットソング録音集1956〜61(2CD)(日本語解説付)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
INDE015
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

モーリス・アンドレ、若き日の伝説
〜フランス20世紀の青春時代〜

日本語解説付き

20世紀の伝説的トランぺッターといえば、何をおいてもまず、マイルス・デイヴィスかこの人か
「管楽器の国フランス」を代表し、さらにはクラシック・トランペット界をも代表した巨匠中の巨匠は筋金入りのエンターテイナーだった!
今が聴き時、「ヴィンテージもの」非クラシック系録音の極上さ。

管楽器の王国フランスを代表する、否、20世紀を代表するクラシックのトランペット奏者といえば、誰もがこの人の名をあげるのではないでしょうか。モーリス・アンドレ、痛快なまでの輝かしさから甘美さまで、息をのむ精妙さから涙さそう郷愁まで、まさしくトランペット、いや金管楽器というものの常識をくつがえすほどの妙技を数々の録音にも刻み、昨2012年冬、静かに世を去った稀有なる名匠。その逝去を悼むべく、フランス=管の国の最先端を伝える「Indesens!」レーベルからは、この伝説的巨匠が若い頃に少しずつリリースしていたヴァリエテ系(つまり、フランス人にとっての軽音楽全般〜流行歌や映画音楽、ジャズのヒットナンバーなども含む)の録音を集め、2枚のCDにまとめてじっくり聴かせてくれる企画盤が世に送り出されました。20世紀半ばのフランスに息づいていた空気をほのかに漂わせつつ、極上の音楽のひとときを過ごせるこの逸品の魅力そのまま、日本の皆さまにもお届けしてまいります。
 録音は1956〜61年頃、つまり彼がまだジュネーヴやミュンヘンの難関国際コンクールで続々優勝、とてつもない妙技で世界中を瞠目させていた頃。音楽院入学後たった6週間で1等賞をとってしまった異才の若々しさは、そのまま「自分の時代の音楽を吹いている」という自信とあいまってか、20代とは思えないほど深く味わいあふれるブロウに。いまのプレイヤーたちでさえ敵わないかも、と思わせるほどの、息をのむほどの超絶技巧に、どこまでも人間味豊かな音楽性が宿るその演奏は、ジャンルなんて言葉には何の意味もない、ただ音楽だけがある、としか思えなくなってくる「うた」に貫かれています。ブラス系金管ファンはもちろん、越境系古楽ファンやフランス音楽愛好家にもマストな1作です。(Mercury)

【収録情報】
Disc1
・ラプソディ・イン・ブルーより
・へ調の協奏曲より(ディヴェルティスマン)
・パリのアメリカ人より
・サマータイム
・シボネー
・メキシカン・セレナーデ
・パリに帰るなら
・荒野の七人
・聞かせてよ愛の言葉を
・北はアラスカへ
・テンダーフライ
・シューベルトのセレナーデ
・あなたがいるだけで素敵だった
・ペルディード(失われて)
・クロパン・クロポン
・ラ・パロマ(鳩)

 モーリス・アンドレ(トランペット)
 ジャン・フォスタン&オーケストラ
 ジャック・ダンジャン&オーケストラ
 録音時期:1957-61年

Disc2
・ビーナス
・グラナダ
・黒いオルフェ
・私の彼氏
・ルーレット
・クロウタドリとズアオアトリ
・ミルト・ポルカ
・ホラ・スタッカート
・アンダーソンのセレナータ
・バン・バン・バン
・枯葉
・ミロール
・ローマのそよ風
・コメ・プリマ(出会った頃みたいに)
・プリュ・ジュ・テーム(もう好きじゃないんだ)
・あなたの手をとって
・キャラバン
・ある微笑
・あなたがとても必要
・ヴェニスの謝肉祭
・熊蜂の飛行
・すてきなキスとはさようなら

 モーリス・アンドレ(トランペット)
 ジャン・フォスタン&オーケストラ
 録音時期:1956-59年

内容詳細

生ける伝説となってからの彼からは想像できない“軽音楽”ばかりが並んだ。巨匠と言われる前、20代の彼は自由自在にジャンルを飛び超え、音楽的感興をもってトランペットの魅力を存分に味わっていたのだ。古臭い編曲がレトロで懐かしく、彼のスーパーぶりが浮き彫りになっている。(堀)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Trumpet Classicalに関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品