すべての子どもは天才になれる、親の行動で。

Toru Funatsu

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478105962
ISBN 10 : 4478105960
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
船津徹 ,  
追加情報
:
272p;19

内容詳細

世界中の子育てを見てきた結論―親の習慣が子どもの能力に直結する。たった一つでいい。才能(強み)の芽を、見つけてあげてください。

目次 : 第1章 賢い親がしている教育、3つの柱/ 第2章 賢い親たちがしている習慣の教育/ 第3章 才能を開花させる習い事/ 第4章 思考力を伸ばすのは、「問い」である/ 第5章 聞く、話す、書く、読む力が地頭を作る/ 第6章 日本人のための英語教育/ 第7章 AI時代のコンピューター教育/ 第8章 子どもに用意すべき環境とは

【著者紹介】
Toru Funatsu : 1966年福岡県生まれ。明治大学経営学部卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威である七田眞氏に師事、英語教材の開発を行う。その後独立し、米ハワイ州に移住。2001年ホノルルにTLC for Kidsを設立。英語力、コミュニケーション力、論理思考力など、世界で活躍できるグローバル人材を育てるための独自の教育プログラムを開発。使用している英語教材は全米25万人の教師が加盟するアメリカ最大の教育リソースサイト「OpenEd」による「最も効果がある英語教材部門」で第2位にランクイン。2018年までに延べ4200人以上の子どもの教育に携わった。同校の卒業生はその多くがハーバード大学、ブラウン大学、ペンシルバニア大学など、アイビーリーグを始めとした世界各国の最難関大学へ進学し、グローバルに活躍している。その実績が評判を呼び、現在ではハワイに住む経営者、スポーツ選手、アーティスト、芸能人などの子どもが順番待ちとなる人気を博している。2014年にカリフォルニア州トーランス校を設立、2017年に中国上海校を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まゆまゆ さん

    親が「こんな人間に育ってもらいたい」という信念を持ち、大きく構えて子どもと向き合っていれば、子どもはたくましく成長する。どんな子どもでも何らかの才能があり、いずれ才能を開花して社会で自分らしい人生を歩んでいける。そのための大きな3つの柱は、よい習慣、思考力、アイデンティティの確立、である。

  • Ryoko さん

    習い事は10年以上続けることでやり抜く週間、本気、自主的に取り組むこと、子供を忙しくさせると自己管理力が身につく、本気で習い事を打ち込んでいる子供は勉強も打ち込む、習い事は強みの強化、理想の習い事はスポーツとアート系の二つ、集団は非認知能力伸ばす、ニッチのもの、問いを重ねることで思考の洗練、小さな選択させる、コンピュータ教育、小学生低学年から、PC与えるなど。英語は何かもう少し接する時間を増やしたい

  • モンタニー さん

    教育において大切なのは親の子に対する向き合い方。 そして大人になるに向けて「自信」を持たせることが良いのだとわかった。 幼児や小学生を、持つ親は読んでいて損はない。

  • あろーず さん

    要点のみ簡潔に書かれているので読みやすいです。教育や人材育成について考えたことがある人にとっては、あまり新鮮味はないかと思います。

  • ヒ力リモノ さん

    子供は大人を見て育っているということですね。ただ天才になる事が人間の本分でもないしね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Toru Funatsu

1966年福岡県生まれ。明治大学経営学部卒業後、金融会社勤務を経て幼児教育の権威である七田眞氏に師事、英語教材の開発を行う。その後独立し、米ハワイ州に移住。2001年ホノルルにTLC for Kidsを設立。英語力、コミュニケーション力、論理思考力など、世界で活躍できるグローバル人材を育てるための独

プロフィール詳細へ

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品