Tom Waits
新商品あり

Tom Waits (トム・ウェイツ) レビュー一覧

Tom Waits | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

137件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • A恋におそれて 良いですね。 A Sight for Sore Eyes...

    投稿日:2017/12/20

    A恋におそれて 良いですね。 A Sight for Sore Eyes、Tom Traubert’s Blues、On The Nickel等々ピアノの名曲が多い中でアコギを使ったすばらしい曲だと思います。それからEarly Yearsに入っている「Blue Skies」74年のシングルver.をYoutubeで見つけたけどTomファンの方、一度聞いてみて必聴です。

    草加のオジサン さん |50代

    0
  • 友人から”不毛地帯”って云う番組のDVDを頂いて、観...

    投稿日:2013/11/15

    友人から”不毛地帯”って云う番組のDVDを頂いて、観てたら内容も面白かったけど、それにも増して、エンディングで流れてた曲に一発でKOされて、このCDを求めました(彼の声は、特徴が在るので、誰だか直に分かりました。)。トムウェイツの作品は、幾つか持ってましたが、これは、ジャケットが場末のストリップ劇場の楽屋みたいで、好きではなかったので持ってませんでした。その一曲目のトムツゥロウバートッブルースを聴くだけでも持っている価値ありますよ〜!

    shurunkenheads さん |50代

    0
  • 強力すぎる。 凄みは相変らず、優しさも相変らず。 ...

    投稿日:2011/12/17

    強力すぎる。 凄みは相変らず、優しさも相変らず。 (2枚組エディションの2枚目の2曲目、超おすすめ。泣けます。)

    笛吹き さん |40代

    0
  • アレンジが原曲とは全く変わっていたりもして新たな曲...

    投稿日:2010/07/25

    アレンジが原曲とは全く変わっていたりもして新たな曲としての面白さもあり、まるで本当にライブを体験したかのような臨場感がある。 出来れば映像でも観たい所。

    toft さん |30代

    0
  • 私は、濁声系のヴォーカルが好きなのですが、彼は究極...

    投稿日:2010/07/03

    私は、濁声系のヴォーカルが好きなのですが、彼は究極ですね。Dr.Johnと双璧だと思います。その昔ダウンバイローって云う映画を観ましたが、演技も中々のものでした。ファーストにして最高の出来だと思います。 この気だるさを、是非味わって下さい。

    shurunkenheads さん |50代

    0
  • 祝いアサイラム時代のリマスター。tom waitsはLPで全...

    投稿日:2010/03/06

    祝いアサイラム時代のリマスター。tom waitsはLPで全部持ってるが、これが一番聞いたアルバム。めちゃくちゃ切ないミネアポリスの女からのクリスマス・カード、ハードボイルドな血だらけのロミオ、ジャケットのかっこよさ俺の中では70年代の中でベスト。酔いどれtomに今日も酔いしれる

    stoned さん |40代

    2
  • 先日、ドラマ「不毛地帯」をみていて、エンディングで...

    投稿日:2009/10/17

    先日、ドラマ「不毛地帯」をみていて、エンディングで「トム・トラバーツ・ブルース」が流れてきて、その声に衝撃を受けました。「酔いどれ詩人」と言われているようですが、こちらも呑みながらじっくり聞きたくなるような曲でした。メロディーも素晴らしく、これからのお気に入りになりそうです。発売日が待ち遠しいです。

    AHAMAY さん |30代

    2
  • 1曲目でやられます。このアルバムから入り、あと数枚T...

    投稿日:2009/10/15

    1曲目でやられます。このアルバムから入り、あと数枚Tom Waitsを揃えるはめになりました。何から何までが素晴らしいのではないですが、かなりイイです。

    6silver さん

    0
  • 3作目に当たるスタジオ・ライヴ作。 前作まではやや...

    投稿日:2009/09/29

    3作目に当たるスタジオ・ライヴ作。 前作まではややヤワな感じだった歌唱が、この作品から凄みを帯び始めている。結構辛らつな歌詞を、叙情歌みたいな美しいメロディーに載せて、この凄みのある声で歌うところがウェイツの真骨頂。「結婚行進曲」のメロディーを織り込んだ”Better Off Without A Wife” や、意外なほどの熱烈ラブソング”Nobody”などは、何度聞いたかわからないほど聞き込んだ。 80年代以降、特にアイランドに移ってからの作品は、ちょっとエキセントリック過ぎて、聴くのがしんどい。やはり、本作、次作の「Small Change」、次々作「Foreign Affairs」あたりが一番いい。 中でも、個人的にトム・ウェイツとの最初の出会いだった本作は一番愛着がある。最高傑作は次作だと思うが、これも肩を並べるほどの傑作である。

    eddie さん |50代

    5
  • Asylum時代のトム・ウェイツはどれもいいが、中でもこ...

    投稿日:2009/09/25

    Asylum時代のトム・ウェイツはどれもいいが、中でもこの作品は最高傑作であろう。1st、2ndあたりではまだヤワな印象だった歌唱は凄味を増し、唯一無二の個性を確立している。前作のライヴ「Nighthawks At The Diner」とともに、おそらく終生のフェイヴァリット。

    eddie さん |50代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%