CD 輸入盤

Small Change

Tom Waits (トム・ウェイツ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
87568
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Digitally remastered edition. Small Change is a masterpiece that contains some of Waits' best early work. Classic jazz, Tin Pan Alley, and Stephen Foster filtered through Tom's unique worldview and lyrical genius. Heartbreaking, hilarious and always vivid, songs like Step Right Up, Tom Traubert's Blues, I Wish I Was in New Orleans, The Piano Has Been Drinking, and Invitation to the Blues are all classics that have influenced generations of songwriters since. Recorded with a live orchestra and featuring jazz legend Shelly Manne on drums, Small Change is a classic and stands as one of Tom Waits most popular recordings. Tom Waits is a critically acclaimed singer-songwriter, musician, composer and actor. His deep distinctive gravelly voice was described by critic Daniel Durchholz as sounding as though it was soaked in a vat of bourbon, left hanging in the smokehouse for a few months, and then taken outside and run over with a car. Waits has built up a distinctive musical persona with his trademark growl, his incorporation of pre-rock music styles such as blues, jazz, and vaudeville, and experimental tendencies verging on industrial music.

収録曲   

  • 01. Tom Traubert's Blues (Four Sheets To The Wind In Copenhagen)
  • 02. Step Right Up
  • 03. Jitterbug Boy (Sharing A Curbstone With Chuck E. Weiss, Robert Marchese, Paul Body and The Mug and A
  • 04. I Wish I Was In New Orleans (In The Ninth Ward)
  • 05. The Piano Has Been Drinking (Not Me) [An Evening With Pete King]
  • 06. Invitation To The Blues
  • 07. Pasties And A G-String (At The Two O'Clock Club)
  • 08. Bad Liver And A Broken Heart (In Lowell)
  • 09. The One That Got Away
  • 10. Small Change (Got Rained On With His Own .38)
  • 11. I Can't Wait To Get Off Work (And See My Baby On Montgomery Avenue)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
友人から”不毛地帯”って云う番組のDVDを...

投稿日:2013/11/15 (金)

友人から”不毛地帯”って云う番組のDVDを頂いて、観てたら内容も面白かったけど、それにも増して、エンディングで流れてた曲に一発でKOされて、このCDを求めました(彼の声は、特徴が在るので、誰だか直に分かりました。)。トムウェイツの作品は、幾つか持ってましたが、これは、ジャケットが場末のストリップ劇場の楽屋みたいで、好きではなかったので持ってませんでした。その一曲目のトムツゥロウバートッブルースを聴くだけでも持っている価値ありますよ〜!

shurunkenheads さん | AUSTRALIA | 不明

0
★
★
★
★
★
Asylum時代のトム・ウェイツはどれもいいが...

投稿日:2009/09/25 (金)

Asylum時代のトム・ウェイツはどれもいいが、中でもこの作品は最高傑作であろう。1st、2ndあたりではまだヤワな印象だった歌唱は凄味を増し、唯一無二の個性を確立している。前作のライヴ「Nighthawks At The Diner」とともに、おそらく終生のフェイヴァリット。

eddie さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
Step Right UpでのBassとDrumが渋い。しか...

投稿日:2009/09/22 (火)

Step Right UpでのBassとDrumが渋い。しかもDrumはあのShelly Manne!

MAZ さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Tom Waits

1949年12月7日生まれ。カリフォルニア州ポモーナにて、病院に滑り込んだタクシーの中で生まれたとは本人談。嗄れた歌声、独特の歌詞世界、スモーキーで味わい深い音楽性は業界内外で高く評価されている。

プロフィール詳細へ

Tom Waitsに関連するトピックス

おすすめの商品