CD 輸入盤

Nighthawks At The Diner

Tom Waits (トム・ウェイツ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
87567
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Digitally remastered edition. Recorded in front of a live audience at the Record Plant recording studio in Los Angeles in 1975, Nighthawks at the Diner debuts some of Waits' greatest classics like Warm Beer, Cold Women and Eggs and Sausage with a crack Jazz ensemble backing him up and some of the greatest stage patter ever committed to record. Tom Waits is a critically acclaimed singer-songwriter, musician, composer and actor. His deep distinctive gravelly voice was described by critic Daniel Durchholz as sounding as though it was soaked in a vat of bourbon, left hanging in the smokehouse for a few months, and then taken outside and run over with a car. Waits has built up a distinctive musical persona with his trademark growl, his incorporation of pre-rock music styles such as blues, jazz, and vaudeville, and experimental tendencies verging on industrial music.

収録曲   

  • 01. Opening Intro (Live)
  • 02. Emotional Weather Report (Live)
  • 03. Intro To On A Foggy Night (Live)
  • 04. On A Foggy Night (Live)
  • 05. Intro To Eggs And Sausage (In A Cadillac With Susan Michelson) [Live]
  • 06. Eggs And Sausage (In A Cadillac With Susan Michelson) [Live]
  • 07. Intro To Better Off Without A Wife (Live)
  • 08. Better Off Without A Wife (Live)
  • 09. Nighthawk Postcards (From Easy Street) [Live]
  • 10. Intro To Warm Beer And Cold Women (Live)
  • 11. Warm Beer And Cold Women (Live)
  • 12. Intro To Putnam County (Live)
  • 13. Putnam County (Live)
  • 14. Spare Parts I (A Nocturnal Emission) [Live]
  • 15. Nobody (Live)
  • 16. Intro To Big Joe And Phantom 309 (Live)
  • 17. Big Joe And Phantom 309 (Live)
  • 18. Spare Parts II And Closing (Live)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
3作目に当たるスタジオ・ライヴ作。 前作...

投稿日:2009/09/29 (火)

3作目に当たるスタジオ・ライヴ作。 前作まではややヤワな感じだった歌唱が、この作品から凄みを帯び始めている。結構辛らつな歌詞を、叙情歌みたいな美しいメロディーに載せて、この凄みのある声で歌うところがウェイツの真骨頂。「結婚行進曲」のメロディーを織り込んだ”Better Off Without A Wife” や、意外なほどの熱烈ラブソング”Nobody”などは、何度聞いたかわからないほど聞き込んだ。 80年代以降、特にアイランドに移ってからの作品は、ちょっとエキセントリック過ぎて、聴くのがしんどい。やはり、本作、次作の「Small Change」、次々作「Foreign Affairs」あたりが一番いい。 中でも、個人的にトム・ウェイツとの最初の出会いだった本作は一番愛着がある。最高傑作は次作だと思うが、これも肩を並べるほどの傑作である。

eddie さん | 大阪府 | 不明

4
★
★
★
★
☆
ハマる奴は気に入るだろうし、ついて行けん...

投稿日:2008/01/28 (月)

ハマる奴は気に入るだろうし、ついて行けん奴は無理に聴かなくても良いけどこれはこれで素晴らしい。個人的にはラストを飾るテーマはズバ抜けと言っていい程カッコいいねェ…聴いた奴にしか分からんけど

GACHA さん | 秋田 | 不明

1
★
★
★
★
★
お客さんの笑い声も有り、本当にトムウェイ...

投稿日:2003/07/29 (火)

お客さんの笑い声も有り、本当にトムウェイツのライブに来ている様な気分になります。来日公演があればなあ。

トフト さん | 兵庫 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Tom Waits

1949年12月7日生まれ。カリフォルニア州ポモーナにて、病院に滑り込んだタクシーの中で生まれたとは本人談。嗄れた歌声、独特の歌詞世界、スモーキーで味わい深い音楽性は業界内外で高く評価されている。

プロフィール詳細へ

Tom Waitsに関連するトピックス

おすすめの商品