CD

At The Club

Timmy Regisford (ティミー レジスフォード)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
APTI4017
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ルーツを探るアフロ、ラテンミュージックを基本にした前作、テック、ソウルフルハウスを中心に構成した前々作、そしてその過 去2作の折衷的に作り込まれたこの4作目、Timmyにしかできない独特のブラックネスを余すところなく表現!

Fela Kutiといえば、Timmy!愛してやまないFela Kutiの名作“Sorrow Tears and Blood”、 “Beats Of No Nation”リミックス2曲 もこの盤にて初披露!そして躍動するピアノ、ゴスペルチックなコーラスそしてKenny BobienというこれぞTimmyといった最強 のブラックハウスTrack01-Old Landmark。Jaidene Vedaがミステリアスに歌い上げる艶やかなTrack02-Soul Size。Timmy得 意のロングミックス仕様に作ったと思われる(?)アフロインストTrack05-Game。朝方聴きたい、キュートソングTrack06-How Does This … 。90sばりのニュージャージー系ダークトラックスとヴォーカルがこれぞハウスという印象のTrack07-Make Me Love …。Arnold Jarvisのセクシーなヴォーカルが極まりないTrack08-Masterpiece。クセのあるディープ・トラックに耳につく歌 詞とヴォーカル、フランソワもプレイのTrack09-At The Club、等他・・漆黒のアフロ・グルーヴ〜ソウルフル、ゴスペル調 ヴォーカルハウスで構成され、全14曲Timmy節がさく裂する強力盤!

いわずとしれたベテランKenny Bobien、Arnold Jarvisをはじめ、DNH Recordingsなどで活動するカナダの才女Jaidene Veda、 また95North/Hangin On などKingstreetの初期作品でもヴォーカルを担当していたLynn Lockamy、そしてQuentin Harris/So BadでフィーチャリングされたイタリアのディーバGeorgia Ceeなどの実力派ヴォーカリストが揃う。

<メーカー資料より>

収録曲   

  • 01. Old Landmark feat. Kenny Bobien
  • 02. Sorrow Tears And Blood feat. Fela Kuti
  • 03. Beats Of No Nation feat. Fela Kuti
  • 04. Game
  • 05. How Does This Feel feat. Georgia Cee
  • 06. Make Me Love You feat. Nickson & Amera Light
  • 07. Masterpiece feat. Arnold Jarvis
  • 08. At The Club feat. Lynn Lockamy
  • 09. Someone Like You feat. Lynn Lockamy
  • 10. Special One feat. Arnold Jarvis
  • 11. Still feat. Arnold Jarvis
  • 12. Torture feat. Lynn Lockamy
  • 13. You Give feat. Arnold Jarvis

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Timmy Regisford

NYクラブ界超人Deep Houseシーンの代表的DJとして、Joe Claussell、Francois Kevorkian、Danny Krivitらと並び称される。1997年7月の新宿「LIQUID ROOM」(Produced By VASTUNE)では、名曲"Kenny Bobien And Friends / Why We Sing"の伝説的ヘビー・プレイが夜通し繰り返され、日本でのT

プロフィール詳細へ

Timmy Regisfordに関連するトピックス

ハウス/クラブミュージック に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト