SHM-CD

Till Bronner

Till Bronner (ティル・ブレナー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCM1219
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

年代にシーン颯爽と登場し、『チャッティン・ウズェト』やブルーアイド・ソウル』など新鮮なジャズ解釈によるヒット作を連発。端正なマスクと囁くような歌声、そして抜群の情感を持ったプレイで「チェット・ベイカーの再来」と称され人気を集めたドイツ・ベルリンのトラペッター/ヴォーカリスト。ここ数年間は、POPフィールドでの活動をメインにしてき フィールドでの活動をメインにしてきましたが、この度久々にジャズ・シーン帰還。

今回の新作は初めて自身の名前を冠した作品で、あえてヴォーカルを封印し、トランペッ/フリューゲルホンに専念して、その本領を存分に発揮。 『ブルー・アイドソウル』でもコンビを組んだヒップホヒップDJ/トラックメイカーのサモン・カワムラとクラブ・フィールドでも活躍するイタリア出身のキーボード奏者ロベルト・ディジョイアを共同プロデュースに迎え、60年代のジャズ・ロックや70年代のCTIレーベルを思わせる、少しビターでアダルトなジャズ・アルバムに仕上げています。(メーカーインフォより)

ボーナス・トラック2曲収録。SHM-CD仕様。

ティル・ブレナー(tp, flh)
マグヌス・リンドグレン(ts, fl, b-cl)
ロベルト・ディ・ジョイア(Fender Rhodes, synth)
ヤスパー・ソファーズ(Fender Rhodes) on 8, 12
ブルーノ・ミューラー(g) on 7, 9
アルバート・ジョンソン(el-b)
クリスチャン・フォン・カプヘンクスト(el-b) on 8, 12
マッテオ・スクリマリ(ds)
ウィルフガング・ハフナー(ds) on 8, 12
ローランド・ペル(per)
リアム・マリオ(per) on 11
ティルマン・デーンハード(fl) on 9-12
ストリングス on 2, 3, 9-12

内容詳細

今作では歌はナシ。トランペッター/フリューゲルホーンの実力・魅力にフォーカスした原点回帰作品。コプロデューサーに『ブルー・アイド・ソウル』でも組んだサモン・カワムラを起用。フレディ・ハバードへの敬意とCTI風なオーケストレーションが特長の快心作。(誠)(CDジャーナル データベースより)

その他のバージョン

TILL BRONNER のバージョン一覧へ

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
70年〜80年代初頭のクロスオーバーへのオマ...

投稿日:2012/12/16 (日)

70年〜80年代初頭のクロスオーバーへのオマージュか。 そこはティルらしくストリングスなどをちりばめて幻想的な雰囲気も忘れていない。 Rhodesのサウンドにどっぷりと浸かるとJazzyな雰囲気がそこはかとなく郷愁を誘う。 70年代アクション映画のサントラにありそうな雰囲気でM7.Condor (Dave Grusin)は同名映画 (Three Days of Condor)のテーマ曲。 今回はボーカルはなしでオールインスト、全編に渡って統一された雰囲気が流れている。 レーベルもVerveへ戻り久々のJazzへの原点回帰となる作品と言えるだろう。 Limited Deluxe EditionのTill’s Blues はティルの一人多重演奏、Body&Soulは独奏、Little Sunflowerはライブの熱気が伝わってくる演奏だ。

独居人 さん | 東京都 | 不明

1

Till Bronnerに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品