Throbbing Gristle (スロッビング・グリッスル)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤(国内盤仕様)

20 Jazz Funk Greats (Expanded)

Throbbing Gristle (スロッビング・グリッスル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MSIG0764
組み枚数
:
2
レーベル
:
Msi
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
リマスター,輸入盤

商品説明

日本で初めてインダストリアル・サウンドを知らしめたスロッビング・グリッスルの79年発表のサード・アルバムにして衝撃の日本デビュー盤がメンバー自身によるリマスター&エスクパンデットで甦る!!お洒落なレトロ・ジャズ調の和やかなジャケット写真とアルバム・タイトルとは真逆のクールな殺意さえ感じられるテクノ・サウンドで聴く者の不安を一気に掻き立てる20世紀を代表するノイズ/アヴァンギャルドの名作! ディスク2にはアルバム発表当時の貴重なライヴ(9曲)を収録。
(メーカー資料より)

内容詳細

パンク期に英国から登場したインダストリアル/オルタナティヴ・ミュージックの重要グループ、スロッビング・グリッスルの79年発表の代表作と、同じく79年のライヴ曲や12インチ曲を集めた1枚をカップリングした特別版。ともに、まっとうな悪意と刺とクールネスが存分に渦巻いている。(英)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 20ジャズ・ファンク・グレイツ
  • 02. ビーチー・ヘッド
  • 03. スティル・ウォーキング
  • 04. タニス
  • 05. コンヴェンシング・ピープル
  • 06. エキゾティカ
  • 07. ホット・オン・ザ・ヒールズ・オブ・ラヴ
  • 08. パースエイジョン
  • 09. ウォークアバウト
  • 10. ホワット・ア・デイ
  • 11. シックス・シックス、シックスティーズ

ディスク   2

  • 01. ウェポン・トレイニング (The Factory 1979)
  • 02. コンヴェンシング・ピープル (The Factory 1979)
  • 03. ゼイ・メイク・ノー・セイ (Northampton 1979)
  • 04. ファイヴ・ナックル・シャッフル (The Factory, Manchester 1979)
  • 05. ヒズ・アーム・ウォズ・ハー・レッグ (The Factory 1979)
  • 06. シー・ユー・アー (The Factory 1979)
  • 07. ホワット・ア・デイ
  • 08. ディシプリン (Manchester) (12" Single A side)
  • 09. ディシプリン (Berlin) (12" Single B side)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
’79年発表。“脈打つ男根”という名前を掲...

投稿日:2015/08/01 (土)

’79年発表。“脈打つ男根”という名前を掲げたスロッビング・グリッスル。ピーター・クリストファーソンはあのヒプノシスのメンバーだった、と書くだけでプログレ者の関心を引きそうだけど、彼らは単なるロック・グループではない。ジェネシス・P・オリッジは元々メイル・アートやパフォーマンスをやっていたし、紅一点のコージーはヌード・モデルだった。つまり、メンバーに正式なミュージシャンはクリス・カーターしかいないのだ。手法的に導入されているのはエレクトロ・ポップだが、情報社会における戦略を重視していた彼らにとって、それは羊の皮のようなもの。工業化社会におけるBGMを目指したパロディ精神と毒に溢れたヤバい1枚。

madman さん | 不明 | 不明

1

Throbbing Gristle (スロッビング・グリッスル)に関連するトピックス

オルタナティヴ/パンク に関連する商品情報

おすすめの商品