CD 輸入盤

Groovin' Hard: Live At The Penthouse 1964-1968

Three Sounds (スリーサウンズ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HCD2025
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

★ 1958 年にブルーノート・レーベルへ第1 作をレコーディングして以来ジーン・ハリス、アンディ・シンプキンズ、ビル・ダウディというオリジナル・メンバーで数々の名作を送り出したザ・スリー・サウンズ。1962 年には一旦このレーベルを離れ、65 年までヴァーヴやマーキュリー〜ライムライトに録音を続けましたが、66年にはブルーノートへ復帰。復帰した時点ではドラマーがカリル・マディに変わっており、その後もドラマーは67 年にドナルド・ベイリー、68 年秋にはカール・バーネットへと交代が続きましたが、ベースのシンプキンズは68 年いっぱいまでこのグループにとどまりました。
★ここに発掘されたアルバムは、ザ・スリー・サウンズが1964年から68年までの間にシアトルのクラブ“ザ・ペントハウス”で行った演奏を収録したもので、内訳は、オリジナル・メンバーによる64 年のパフォーマンスが4 曲、ドラマーがカリル・マディとなったトリオでの66 年の演奏が3 曲、そしてさらにドラマーがカール・バーネットに交代した68 年の演奏が3 曲、となっています。
★全10 曲のうち、すでにレコーディングしたものを取り上げているのが6 曲ありますが、それ以外は、 が、70 年のブルーノート録音から2 年遡る演奏ですし、は、67年にライヴ収録されているものの未発表のままに終わっています。
★また、ラスト・ナンバーのは他に録音が残されていない貴重な演奏!64年から68年という期間は、50年代後半にスタートしたこのトリオがスタート時点の魅力を持ち続けていた時期にあたり、テーマ部分の粋でファンキーなアレンジメントや、ジーン・ハリス本来のグルーヴィでリラックスしたピアノを存分に楽しめます。
★この時期の未発表演奏がまだあるのなら是非それらもリリースしてほしい、と思わずにいられない、貴重かつ充実した内容の嬉しい発掘盤です!!

メンバー:Gene Harris (p), Andy Simpkins (b), Bill Dowdy (ds) * Kalil Madi (ds) † Carl Burnett (ds) ‡

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Girl Talk (6:23) — N. Hefti • Recorded 8/23/68 ‡
  • 02. The Night Has A Thousand Eyes (5:49) — J. Brainin, B. Bernier • Recorded 6/23/66 †
  • 03. Blue Genes (3:10) — E. Haire • Recorded 2/20/64 *
  • 04. The Shadow Of Your Smile (6:55) — J. Mandel, P.F. Webster • Recorded 8/23/68 ‡
  • 05. Rat Down Front (2:25) — E. Haire • Recorded 2/20/64 *
  • 06. Yours Is My Heart Alone (7:50) — F. Lehár, L. Herzer, F. Löehner-Beda• Recorded 8/23/68 ‡
  • 07. A.M. Blues (4:09) — R. Brown, S. Lefco • Recorded 6/30/66 †
  • 08. Bluesette (6:48) — N. Gimbel, J. Thielemans • Recorded 10/22/64 *
  • 09. Caesar and Cleopatra (film theme) (4:57) — A. North/Ole Grand Films • Recorded 2/20/64 *
  • 10. The Boogaloo (2:44) — E. Haire • Recorded 6/23/66 †

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Three Soundsに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品